あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト

悩みを解消できる対策法を紹介します!

子供のそばかすの原因は?消えるの?予防と治療法は?

更新日:

シミやそばかす対策は、女性にとって関心の高いテーマです。

シミは大人になってからできやすくなりますが、そばかすは幼少期にできることがほとんどです。

とくに女の子に多く、幼稚園から中学生ぐらいの時期にそばかすが目立つようになります。

そんなそばかすに1番最初に気がつくのは、身近にいるあなたです。

あなたと同じように娘の顔にできたそばかすが気になるお母さんは大勢います。

30代 小学生の娘

私は小さい頃からそばかすが顔にあります。

大人になってからも消えずにさらに濃くなり、増えたりして、シミもたくさんできてしまいました。

子供の頃には気にしていませんでしたが、今になってみると体質的にシミ・そばかすができやすいのだと感じています。

子供のころに母に何か対策してもらった覚えもないですし、スキンケアについてアドバイスをもらうことなく過ごしてきました。

そんな私が娘を生んで思ったのが、娘にはこんな思いをさせたくないということです。

わが子には、小さいうちからしっかりそばかす対策をするように心がけています。

 

30代 小学生の娘

我が子には小さな頃からそばかすがありました。

幼いときには特に気にならず、チャームポイントかなというくらいに思っていました。

しかし、小学生の高学年になった頃に本人もそばかすのことを嫌がるようになりました。

小さな頃より目立つようになっていて、私としても気になり始めた時期だったのでこれ以上酷くならないように対策しなければと思いました。

 
そばかすは、本人も気にしています。

中学生になると化粧に興味を持ち始め、頻繁に自分の顔を見るようになります。

そんな時期に自分の顔にそばかすがあると気になって仕方ないのです。

思春期は顔のトラブルが原因で外に出かけるのを嫌がり、ふさぎ込んでしまう可能性もあります。

今回は、子供のそばかすの原因や対策法について紹介します。

そばかすで悩んでいるお子さんをお持ちのあなたにそばかすの正しい知識を伝授します。

娘の悩みを解決してあげられるのは、あなただけです。

お子さんと一緒にそばかすと向き合ってあげましょう!

そばかす(雀斑)とは

そばかすとは、両ほほから鼻にかけて直径2~3㎜の淡褐色(ベージュ色)の色素はんのことを言います。

日光がよく当たる部分にそばかすが出来やすいため、ほほや鼻中心にそばかすができます。

3歳ごろからそばかすが目立ちはじめ、思春期のころにもっとも濃くなります。

そばかすの原因は紫外線?

大人の場合、シミ・そばかすの原因は紫外線とされています。

そのため、多くの女性は5月ごろから紫外線対策します。

 
しかし、子供の場合は違います。

紫外線を多く浴びることで、そばかすができやすくなります。

すべての子供が日焼けをしたら、そばかすができるという訳ではありません。

そばかすの主な原因は別にあります。

 
子供のそばかすの原因は、両親からの遺伝が大きく関係しています。
 

正確に言えば、そばかすのできやすい体質が遺伝するということです。

つまり、他の子にとっては大した影響がないことも特定の遺伝子を持っている子には、そばかすができる原因になってしまいます。

子供のそばかすは消える?

子供の場合、そばかすの多くが思春期にできます。

そのそばかすは、思春期の終わり頃に薄くなり始め、自然と消えることがほとんどです。

 
思春期の子供の場合そばかすが永遠に続くと誤解してしまうことが多く、気になり始めたらすぐ治そうと考えてしまいます。

早く治したい一心で大人用のそばかすに効く高濃度の化粧水を使ったり、間違ったスキンケアをしてしまいます。

でも、それって逆効果なんです。

 
なぜか?

子供のそばかすの原因は、遺伝的な要素が関係しています。

そのため、大人用そばかす対策の高濃度の化粧水を使ってもあまり効果はありません。

それどころか、肌に過剰なストレスが加わり、メラニン生成を促してしまう場合があります。

メラニン色素によってできたそばかすは、大人そばかすのため自然に消えることはありません。

 
そのためお子さんには、次の3つのことを伝えます。

  • 子供のそばかすと、大人のそばかすは原因が違うということ
  • 大人用のそばかす対策の化粧水を使ってもあまり効果がない
  • そばかすは、思春期が過ぎれば薄くなって自然に消える

この3つの正しい知識を伝えてください。

そばかすを薄く、目立たなくする方法

思春期のそばかすは、治すというよりは目立たないようにすることを目指します。

多くのお母さんが実践しいるのはつぎの3つです。

  • 紫外線対策
  • ビタミンCを多く含む食事
  • スキンケア

紫外線対策

そばかすをこれ以上濃くしないために紫外線対策を行うことが大切です。

日焼け止めや帽子などで、肌にあたる紫外線量を減らします。

子供の日焼け止めは、無香料で無着色の物を選ぶことでより肌への負担も軽くなります。

ビタミンCを多く含む食事

ビタミンCにはそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑制する働きが医学的に確認されています。

バランスのよい食事や生活習慣を整えることで、肌のターンオーバーによってそばかすが自然に消えやすくなります。

ただ、毎日ビタミンCを摂取するのは大変だと思います。

そんなときは、アスコルビン酸(ビタミンC)が配合されたサプリメントがおすすめです。

子供でも飲めるそばかす対策薬があります。

トランシーノホワイトCです。

7歳以上から服用することができます。

トランシーノ ホワイトCLシステインがそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制してくれます。

肌の新陳代謝を進め、メラニンの排出を促進することにより、しみ、そばかすや日やけによる色素沈着を緩和します。

スキンケア

そばかす対策は、サプリメントだけでなく肌ケアも大切です。

そこでおすすめしたいのがフレキュレルです。

そばかす用の薬用クリームとして女性誌でも紹介されており、このクリームで肌ケアすることで寝ている間にそばかすケアをしてくれます。

このフレキュレルは、メラニン抑制とメラニン排出のダブルの効果が期待できるそばかす対策専用クリームです。

さらにビタミンCの270倍の美白効果成分が配合されています。

お風呂上りに塗ってあげるだけ、そばかすの集中ケアができます。

販売元に確認したところ、子供でも問題なく使えるとのことでした。

親子で試してみるのも良いかもしれません。

 

愛さんの体験談

娘のそばかすが気になり始めた時期は、ちょうど小学校の高学年になったときでした。

仲の良い友達から、そばかすのことを言われてしまったことを、娘が泣きながら話してきたことがきっかけでした。

少しでも目立たなくしてあげたい、笑顔になって欲しいと強く思いました。

そばかす対策として子どもにも安全な無添加・無香料・無着色のフレキュエルを買い、お風呂上がりに毎日そばかすの部分に塗ってあげました。

肌の弱い娘に使えるのか、かなり心配でしたがとくに問題ありませんでした。

主な成分が綺麗な飲むことも出来る水や、食品や植物などを使っており、生産も日本製であったため安心して娘に使えました。

また、日差しの強い日は、なるべく直射日光には当たらないよう帽子をかぶせたり、日焼け止めクリームなども塗りました。

さらに、娘がどうしても気になるというときだけ、子どもにも大丈夫なファンデーションやコンシーラーを薄く塗ったこともあります。

その甲斐あってか、現在中学生になりますが、そばかすはだいぶ薄くなり、よく見ないと分からない程度にまで改善されました。

娘も以前に比べ、そばかすのことを気にしなくなり、自然と笑顔が増えたように感じます。

 

そばかすができた子供の治療法は?

「思春期が終わるのを待つのが嫌だ!」

というお子さんもいるかと思います。

目立たなくするのではなく消す場合、化粧水や飲み薬で完全に治すことは難しいです。

そのため、そばかすを消すにはレーザー治療や光治療を受ける必要があります。

特に、光治療は広範囲に治療ができるため、そばかすを消すには効果的です。

まずは、安心できる皮膚科や美容外科を探すことが大事です。

しかし、そばかすを消しても思春期の間は次から次へとそばかすができます。

また、術後は肌が紫外線の影響を受けやすくなり、普段以上に紫外線対策を行わなければなりません。

やはり、子供のそばかす治療は思春期が終わっても消えない時に行うというのが効率的です。

まとめ

子供の思春期にできたそばかすは、自然に消えることが多いです。

しかし、間違った知識を持っていると、変に肌に刺激を与え、余計治りが遅くなることもあります。

そのため、そばかすに関する正しい知識をお子さんに伝えることが最も重要なことです。

紫外線対策、食生活、スキンケアに気をつけることでそばかすが薄く、目立たなくなります。

親子でそばかすと向き合うと結果もついてきます。

紗子さんの体験談

娘のそばかすが気になり始めた時期は、中学生に入学する頃でした。

どうにかしてあげたいと思いましたが、調べれば、調べるほど、どの方法が本当に効果的なのか、何が逆効果になってしまうのか、分からず悩みました。

そばかすがこれ以上悪化しないように、紫外線対策を徹底しました。

子供にもよく言い聞かせていました。

食べるものにも気を遣い、中身から美白を心がけ野菜やフルーツといったビタミンCをたくさん含むものを毎日食べさせました。

また、肌に刺激を与えてしまうと、そばかすの原因になると聞いたことがあったのであまり強く肌をタオルで拭いたりしないようにも言っていました。

続けていると、本当に子供のそばかすが徐々に目立たなくなっていきました。

大人になれば薄くなるだろうと思い込み、何の対策もしていなかったら今ごろ子供自身もそばかすのことで悩んでいたと思います。

そう考えると早い段階から対策して本当に良かったと思っています。

これからも、油断せずに肌のケアはしっかりとさせたいと思います。

 
そばかすになるのは、肌が白く敏感な子に多く、紫外線を吸収しやすい肌の方が多いと言われてます。

そばかすが遺伝性が強いと言われるのも、お母さんの肌特性を受け継ぎ、お子さんの肌もできやすい肌になるからです。

しかし、正しいケアをしていれば問題ありません。

大人になってからそばかすで悩まないためにも、親子でそばかす対策をしましょう。

-シミ改善大特集

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.