あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト

悩みを解消できる対策法を紹介します!

 

LINEのマナーは大切!後輩が気をつけること5選!

更新日:

LINEをするうえで1番気をつかう相手は、先輩です。

部活、サークル、会社で連絡事項のやりとりでLINEを使う場合があると思います。

そんなとき、自分では気づかないうちに先輩に失礼なことをしていまんせんか。

今回は後輩が知っておくべき、対先輩用のLINEマナーを紹介します。

LINEで後輩が気をつけること

先輩にLINEするとき、かなり気をつかうはずです。

失礼がないように細心の注意をするでしょう。

先輩に対するLINEのマナーで気をつけるポイントは5つです。

既読スルーをしない!

先輩に対して、1番やってはいけないことは既読スルーです。

既読なのに返答がないと、送った側も困ってしまいます。

急ぎの場合は、既読から5~10分以内に返信するようにしましょう。

 
返信が遅れてしまった場合でも

  • 「返信遅くなってすいません。」

と一言付け加えればOKです。

 
すぐに返信できない場合は

  • 「すいません、落ち着いて返信できないので20分後に返信します。」

など、リアクションだけでもしておきましょう。

タメ口はNG×

初めからタメ口は、印象が悪すぎます。

最初のうちは、敬語にすることが絶対です。

 
しばらくすると、

  • 「あんまり敬語使わなくていいよ。」

と先輩から言ってくれると思います。

 
ここで注意が必要!

合図があってもすぐにタメ口になるのは、危険です。

最初のうちは、語尾を崩すくらいが無難です。

 

スタンプも敬語のものを使うべきか?

そこまで神経質になる必要はないです。

困ったら、敬語が使われたスタンプを使うのが無難です。

LINEをする時間帯に注意

LINEを始める時間は、相手の状況を考えましょう。

 
遅い時間(23時以降)や早朝にLINEするのは、ちょっと常識がないと思われてしまいます。

学生なら、テスト前などは時間に関係なく避けた方がよいでしょう。

スタンプの使い方

返信をスタンプだけで済ますのは、軽すぎです。

ちゃんとした文章で返しましょう。

 
また、スタンプの連打なども最初のうちは控えたほうが無難です。

先輩への返信は、始めに文章で送って、そのあと内容にあったスタンプを1つ送るくらいにしておきましょう。

送信を押す前に必ず確認!

送信前の確認は、当たり前にしましょう。

  • 失礼な表現はないか。
  • うっかりタメ口を使ってないか。
  • 誤字脱字はないか。

友だちに送るよりも慎重になりましょう。

見落としがあった場合は、すぐに訂正することも大切です。

スポンサーリンク

 

ちょっとした気づかいで印象UP!

ちょっとした注意で、あなたの印象がUPするポイントがあります。

硬すぎずにテンションを合わせる

やりとりの基本は敬語。

だけどいつも真面目モードではなく、相手のテンションに合わせるのもアリです。

 
相手が絵文字を沢山使っていたら、同じくらいの絵文字は返してもOK。

やりとりが固いままだと、相手のテンションが下がってしまいます。

やりとりの流れを読んで、臨機応変に対応しましょう。

やり取りの頻度

なんとなく終わるタイミングが分からないから、だらだら続けてしまうのはNG

用件が済み次第、早めに終わるように心がけましょう。

自分から始めたやりとりは、自分で終わらせるようにしましょう。

話題には気をつける

ネガティブな相談や部活・会社のグチは避けた方がよさそうです。

恋愛系も、先輩を利用して探りをいれていると、とらえられると印象が悪くなります。

質問の返答は正確に

先輩からのLINEの内容を理解しないまま、返信することはありませんか。

内容が分からなかったら、

  • 「私は、~と思ったのですが、合っていますか?」
  • 「~は、-ってことですか?」

ちゃんと確認してから、返信するれば問題ありません。

こんな時はどうする?

こんなシーンがあったときに、どんな対応をしたらいいのか。

未読スルーしてしまった

既読スルーを気にしすぎるあまり、未読のまま時間がたってしまった。

今返信できないタイミングだし、あとで読もう。
めんどくさいし、未読のまま放置

理由は、いろいろあると思います。

しかし、日をまたいで既読にならないと、未読スルーを疑われてしまいます。

 
そんなとき、こんな理由はどうでしょう。

  • 「寝落ちしてました。」
  • 「充電切れてました。」
  • 「スマホ親に取り上げられてたんです」
  • 「通知設定オフってました。」

謝罪するとき

直接謝るのが気まずいから、LINEで済ませたと思う気持ちも分かります。

でも謝罪は直接!LINEではダメ

直接謝って、反省の態度を見せることが1番の近道です。

初LINEするとき

先輩に何か送りたいけど、とくに用事もないし。

どんな内容で送ればいいか、分からない。

最初は、挨拶から入ると違和感はないと思います。

  • 「おはようございます。」
  • 「お疲れ様です。」
  • 「○○先輩、こんにちは。」

何か用事があるときは、用件をまとめて1回で送ると相手も返信しやすいと思います。

先輩を勝手に追加しても大丈夫?

「知り合いかも?」に先輩らしき人が出てきた場合、どうするか。

勝手に追加するのはNG!

間違っている場合もあるので、本人に確認してから追加しましょう。

そのあと、「よろしくお願いします。」と簡単な挨拶LINEも送るとGOODです。

LINEで最初の挨拶の方法についてはこちらの記事でまとめました。

LINEを追加したときの挨拶のタイミングや例文を紹介

LINEで意外と困るのが、新しく友達追加したときの挨拶です。 これから長い付き合いになりそうな人や気になっている人とLI ...

続きを見る

まとめ

先輩に失礼がないように、とあれもこれも注意していると疲れてしまいます。

あまり肩ひじ張らずに落ち着いて、LINEをすれば大丈夫です。

 
なぜなら、先輩もかつては後輩の立場だったからです。

うるさい先輩になりたくない気持ちもあります。

少しぐらい失敗しても、大目に見てくれます。

今回紹介した最低限のマナーを守れば、問題ありません。

どうしてもLINEのやりとりがめんどくさくなったら、この記事がおすすめです。

気持ちがスッと、楽になります。

LINEがめんどくさいと思ったときに読んでほしい!

この記事を読もうとしているあなた。 LINEのやりとりがめんどくさく感じていますね。 その相手はどんな人ですか? &nb ...

続きを見る

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-お役立ち情報

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.