あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト

悩みを解消できる対策法を紹介します!

 

なにわ淀川花火大会2018年の穴場スポット!協賛観覧席の予約情報も!

更新日:

なにわ淀川花火大会は、淀川で盛大に行われる関西を代表する花火大会です。

地元ボランティアが中心となって運営されています。

毎年8月の第2土曜日に開かれ、50万人以上の観客で混雑します。

ゆったりと観覧できる協賛観覧席もありますが、穴場スポットもいくつかあるのでご紹介します。

スポンサーリンク

淀川花火大会の日程や時間は?

淀川花火大会は、毎年8月の第2土曜日に開催されています。

開催日

今年の開催日は、8月6日(土)です。

雨天でも決行されますが、順延はありません。

大荒れになってしまった場合には中止です。第26回は台風のため中止になりました。

会場

淀川花火大会_会場
出典:なにわ淀川花火大会

  • 新御堂筋淀川鉄橋から下流国道2号線までの淀川河川
  • 打ち上げ場所は淀川河川上

屋台は、十三橋東側から新御堂筋西側までおよそ500店が軒を連ねます。

観客の安全確保のため、河川敷への入場が制限されてしまうこともあります。

できるだけ早めに入場するようにしましょう。

打ち上げ時刻

打ち上げ時刻は、午後7時50分から8時40分頃までとなっています。

最寄り駅

十三会場側は、JR東海道本線塚本駅か、阪急神戸線十三駅から徒歩15分。

梅田会場側は、阪急線梅田駅・JR大阪駅・地下鉄梅田駅から徒歩25分です。

協賛観覧席の情報と予約方法

淀川花火大会では、協賛観覧席が用意されています。

協賛観覧席の席数は、約6万席です。

 
観覧エリアは、クッションシート付きです。

地面にそのまま座らなくていいので、おしりが痛くなることはありません。

 
各エリアごとにトイレが設置されているので、安心です。

淀川花火大会_協賛観覧席

十三会場の有料エリア

エリア指定の自由席です。お弁当とお茶が付きます。

机とパプ椅子があるのも嬉しいです。

エキサイティングシート
 料金:前売り9,000円(当日販売なし)
アリーナシート
 料金:前売り7,000円(当日販売:8,000円)
ステージシート
 料金:前売り8,000円(当日販売なし)
堤防パノラマスタンド
 料金:前売り3,000円(当日販売:3,500円)

比較的リーズナブルな価格でクッションシートに座りながら、のんびり花火を楽しめます。

※売れ行きよって、当日販売が無い場合もあります。

納涼船
 料金:前売り18,000円(当日販売なし)

完全指定席のお弁当とお茶付き、もちろん机とパプ椅子です。

夏ぴあシート
 料金:S席5,000円、A席4,500円

チケットぴあだけの専用シートです。

座席は、全席指定です。

仮設トイレや喫煙スペースも完備されています。

そして、写真撮影専用のスペースも用意されています。

その他にも、e+(イープラス)シートもあります。

梅田会場の有料エリア

梅田会場
 料金:前売り4,500円(当日販売:5,000円)

自由席でパイプ椅子になります。

ダイナミックシート
 料金:前売り2,500円(当日販売:3,000円)

クッションシートに座りながら、のんびり花火を楽しめます。

当日販売は、16時からです。

 
この中でも人気なのが、納涼船です。

淀川から花火をゆったりと眺めることができるので、予約する価値はあります。

予約開始は6月1日から!

協賛観覧席の予約開始は、6月1日からです。

電話か、インターネットか購入することができます。

電話
    06-6307-7765
    24時間音声ガイダンスでの案内です。
スポンサーリンク

 

無料観覧席の穴場スポットは?

なにわ淀川花火大会の穴場スポット

有料席以外にも、比較的花火を見やすい場所があります。

十三エリア

阪急十三駅から近く、周りに障害物がないため、どのエリアからも綺麗に花火が見えます。

大混雑の覚悟が必要です。

 
早めに来場して、場所の必要があります。

場所を確保すなら、17時より前に到着しましょう。

関連記事:花火大会の場所取りのコツ!

年々、協賛観覧席のスペースが広がっているため、無料で見られる場所が少なくなっています。

設置されているトイレも打ち上げ開始の30分前には大行列になるので注意が必要です。

 
帰りも十三駅までのルートはどこを通っても混雑しています。

塚本駅や、南方駅に向かう方が良いです。

 
そんな十三エリアの穴場は、西中島南方側河川敷です。

このエリアは、屋台もたくさん並びます。

お祭りを気分を味わいながら、花火を楽しめます。

 
河川敷の広い芝生エリアは、17時30分までに到着すれば、余裕で場所を確保できます。

18時にはほぼ満席になります。

 
打ち上げ場所から遠くなるほど、混雑は緩和されます。

とくに西中島南方側河川敷の東側がおすすめです。

塚本エリア

十三エリアの混雑を回避したいなら、塚本エリアです。

高速道路の高架で仕掛け花火などは、若干見にくい場合もあります。

しかし、打ち上げ場所から近いので迫力満点です。

西側なら18時でも人がまばらなので、ゆっくり花火を楽しむことができます。

梅田エリア

十三エリアの川向かいにあるため、花火の迫力はほぼ同じです。

そのため、早い時間から混雑します。

梅田エリアでおすすめは、花火がよく見える堤防の場所です。

また、日本ペイントビル前も綺麗に花火が見えます。

 
梅田エリアで穴場なのは、淀川河川公園内にある海老江グランドの辺りです。

周りに灯りが少ないのでは、花火本来の色や光を楽しむことができます。

ビルの屋上から花火鑑賞!

視界を遮るものがなく大阪の夜景と花火を楽しむなら、ビルの屋上がおすすめです。

梅田スカイビル空中展望台

地上173メートルから淀川の花火を楽しむことができます。

花火大会当日は、3部構成の特別営業を実施しています。

花火の打ち上がる時間帯は、第2部になります。

 
チケットの予約方法は、チケットぴあのサイトから申し込みます。

価格は、4歳以上で800円です。

販売は、抽選・エントリー方式となり、結果は応募者全員にメールで通知されます。

詳しくは、梅田スカイビル空中展望台公式サイトで確認してください。

食事が出来るホテル&食事スポット

リーガロイヤルホテル

イタリアンレストラン、ベラ・コスタの花火鑑賞ディナーは、花火が見られるのは限定2卓だけです。

5月中旬に予約が開始されるので、要チェックです!

公式サイト:リーガロイヤルホテル(大阪)

ホテル プラザ オーサカ

淀川花火満喫パックは、花火とスペシャルディナーがセットになったお得なプランです。

花火は、地上61メートルのホテル屋上から夜景とともに楽しめます。

公式サイト:ホテル プラザオーサカ- Hotel PLAZA OSAKA

スポンサーリンク

 

まとめ

淀川花火大会を快適に楽しむには、協賛観覧席で見るのが一番です。

大阪府内では人気ナンバー1の花火大会ですから、公共交通機関を利用して移動する場合も注意が必要です。

大変な混雑が予想されます。

出来るだけ、早めに出かけたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-花火大会

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.