あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト

悩みを解消できる対策法を紹介します!

 

琵琶湖花火大会2018年の日程や観覧におすすめのスポット

更新日:

日本最大の湖である琵琶湖では、毎年びわ湖大花火大会が開催されています。

滋賀県の夏の風物詩です。

湖面と夜空を鮮やかに彩る、約1万発の花火は圧巻です。

びわ湖大花火大会の日程や観覧に最適な穴場スポットについて紹介していきます。

ぜひ参考にして、びわ湖大花火大会を楽しみましょう。

スポンサーリンク

琵琶湖花火大会の日程は?

びわ湖花火大会は、滋賀県の大津市で毎年夏に開催されている花火大会です。

毎年30万人以上が来場します。

 
2017年の開催日は、8月8日(火)でした。
2018年の開催決定は4月20日ごろになります。

また、雨天の場合に備えて、順延日が予定されています。

 
この順延日も、土日を避けて設定されています。

花火の打ち上げ時間は、19時半から20時半頃までになります。

 
最後の圧倒的なフィナーレが見どころです!

会場へのアクセスについて

花火大会へのアクセスは、観覧場所によって異なります。

大津港周辺の有料観覧エリアの場合は、JR琵琶湖の大津駅か、京阪石山坂本線の浜大津を利用します。

びわ湖畔ホールエリヤや、なぎさ公園などで観覧する場合は、JR琵琶湖線の膳所駅か、京阪膳所駅を利用すると徒歩15分程度で到着します。

毎年、17時~24時までは、車でのアクセスは禁止されています

周辺で交通規制が行われているので、注意しましょう。

最寄り駅の混雑状況

JR大津駅は、拠点駅となるためたいへん混雑します。

会場までは、徒歩10分の距離にあります。

しかし、会場までのルートにトイレはありません。

駅のトイレで済ませておきましょう。

花火終了後は、さらに混雑します。

駅まで徒歩30分かかる上に、改札を通るのに1時間かかる場合もあります。

東側の膳所駅を目指した方が得策かもしれません。

有料エリアでラクラク観覧

大津港有料観覧席は、全席指定です。

その座席数は、1万7000席あります。

パイプいすが設置されているので、ゆったり花火を鑑賞できます。

チケット料金
前売り:3,900円
当日 :4,400円

例年7月1日から発売になりますが、前売りだけでチケットが売り切れるほどの人気です。

早めの購入をオススメします。

スポンサーリンク

 

無料の観覧スポットや穴場

お祭り気分を味わえるのが、陸上自衛隊 大津駐屯地です。

敷地が一部無料開放され、盆踊りや模擬店が開催されます。

 
なぎさ公園では、つぎの3つがおすすめです。

おまつり広場周辺

有料エリアに隣接し、迫力ある花火を満喫できます。

人気エリアのため、例年16時ごろから入場規制が実施されます。

打出の森周辺

びわ湖ホールがあるこの辺りは、大津港に面しているため視界を遮るものもなく、人気のエリアです。

県立体育館周辺

なぎさの遊歩道の東側のエリアで、打ち上げ場所から離れている分、混雑もそれほどありません。

ゆったりと花火を楽しめます。

 
昔は穴場スポットだった琵琶湖競艇場は、2014年から団体専用の有料観覧席になっています。

皇子が丘公園は小高い丘になっており、場所によっては花火が良く見える穴場スポットです。

 
矢橋帰帆島は、打ち上げ場所の対岸に位置しています。

遠目ですが、視界を遮るものがないので花火がよく見えます。

車を利用して、びわ湖花火大会に行きたい方に最適なスポットです。

琵琶湖花火大会-比叡山ドライブウエイ夢見が丘の駐車場
比叡山ドライブウエイ夢見が丘の駐車場からは、びわ湖花火全体を俯瞰で見ることのできるスポットです。

まとめ

びわ湖花火大会は、びわ湖のロケーションを活かした花火の美しさに感動します。

ライトアップされたびわ湖噴水との競演も見どころの一つです。

圧倒的なボリュームのフィナーレも見ごたえ十分です。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-花火大会

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.