あなたが注目しているトピック早わかり!

メジャーバズ

給料日前に金欠!?急な出費に対応できる給与前払いサービスとは

更新日:

冠婚葬祭や病気、災害など人生の中では思わぬタイミングでお金が必要になることもあります。

十分な蓄えがあれば乗り越えられますが、必ずしもそうとは限らないのがつらいところでしょう。

私もこれまでには給料日前にお金が足りなくなって、困ったことがあります。

給料の前借りができないか考えてみたこともありますが、会社に対してお金の相談はそう簡単にできるものではなりません。

そのときはクレジットカードのキャッシングを利用して急場をしのぎました。

最近は「給与前払いサービス」を展開する企業も登場しています。給与前払いサービスの概要や、導入企業や社員が得られるメリットを調べてみました。

スポンサーリンク

給与前払いサービスとは?の概要

はじめに、給与前払いサービスの特徴をまとめました。

給与の「前借り」と「前払い」の違い

給与前払いとは、実際の給与の支払日よりも前に、働いた分の給与を先払いで受け取れるサービスです。

給与の「前払い」は「前借り」は何が違うか疑問に感じるかもしれませんが、実はまったく意味が違います。前払いと前払いの違いを整理してみました。

  • 前借り
    給料日までの働いていない期間を含めて、社員が企業にお金を借りること
  • 前払い
    直前の給料日〜前払いの申請まで、「働いた期間分」の給料を給料日前に支払ってもらうこと

これまでも労働基準法では、社員が給与の前払いを受ける権利が認められていました。

ところが、それが認められるのは災害や病気、出産などの非常時に限られていたこと、またこの法律があること自体を知っている人が少なかったことから、実際に前払いが行われるケースは多くありませんでした。

給与前払いサービスのポイント

「給与前払いサービス」は福利厚生サービスの一環として導入を検討する企業も増えつつあります。

どのような点が注目を集めているのでしょうか。ポイントをまとめました。

  • 給料日の前に給与を受け取れるため、手持ち資金が潤沢になる
  • 働いた分の給料を早く受け取れるため従業員の満足度が高まる
  • 企業側にとっては給与計算事務が効率化でできる

次の項で上記の点をもう少し詳しく解説します。

給与前払いサービスのメリットって?

給与前払いサービスは企業と従業員の双方にメリットがあります。

社員・従業員側のメリット

給与前払いサービスが利用できると、社員の手持資金に余裕ができます。

4月入社の新入社員にも4月の給与支給がある企業は少なくないものの、中にははじめての給与が5月になるところもあります。

そうした企業の新入社員は入社して1ヶ月半から最大2ヶ月ほど給与を受け取れないことになりますので、急にお金が必要になったときには困る人も出てくるはずです。

既存社員でも冠婚葬祭や病気などでまとまったお金が必要になると、私のようにクレジットカードのキャッシングサービスで急場をしのぐ人もいるでしょう。

キャッシングサービスの金利は15〜18%にもなります。

できるだけそうしたサービスは利用しないにこしたことはありません。

そのようなとき給与前払いサービスがあれば、無理をしてお金を借りる必要がなくなるからです。

企業側のメリット

企業にとっては、社員の満足度を高められる点がメリットです。

福利厚生として給与前払いサービスを導入すれば、社員が金銭面で不安を抱えることが少なくなります。

結果として、長い間勤めるようになるでしょう。

また、企業にとっては大幅な業務改善にもつながる可能性があります。

社員の給与計算にかかる事務負担は少なくありません。

給与前払いが社員満足度向上に役立つことは分かるものの、事務負担を考えると二の足を踏んでしまうところもあるでしょう。

また、給与前払いが増えると社内の資金計画に不安が生じるのでは、という懸念もあります。

その点、給与前払いサービスの多くはスマホ1つで申請が完了するので、煩わしい手続きは必要ありません。

立替え型の前払いサービスなら、サービス提供会社が社員の給与を立て替えてくれるので、資金繰りの面でも安心です。

給与前払いサービスの2つのデメリット

一方、給与前払いサービスには、いくつかの注意点があります。

利用には手数料が必要になる

給与前払いサービスの大きな特徴は、「理由」に関わらず社員が給与の前払いを受けられることです。

ただし、前払いを受けると本来の給与支給日には、前払いで受け取った給料と手数料が差し引かれる点には注意が必要です。

手数料額はサービスによって異なりますが、前払い金額の5%前後であることが一般的です。

満額の支払いを受けられるわけではないので、注意してくださいね。

また、企業側は手数料や振込手数料の取り扱いを社員との間で事前に定めておかないと、労働基準法の給与支払原則の1つ「全額払いの原則」反する可能性があるようです。

勤怠管理は正確に行う必要がある

給与の前払いサービスを利用するには、「サービスを提供している会社」と「前払いを求める社員が勤める企業」との間で勤怠情報の共有が必要です。

給与の前払いを行うには日々の勤怠管理を正確にできていることが条件になります。

給与前払いサービスにブロックチェーン技術が導入される!?の導入で問題解決!

「給与前払いサービス」のデメリットを改善する方法として、注目されているのが仮想通貨で一躍有名になったブロックチェーンの技術を取り入れた給与前払いサービスです。

信頼性の高いデータを管理・運用できるブロックチェーンの技術はすでに金融業界だけでなく、幅広い業界で取り入れられています。

今のところ日本では電子マネーでの給与前払いは認められていませんが、フィンテックの進歩に伴って少しずつ状況は変わっていくでしょう。

すでに海外では、電子マネーを使って給与を支払っている国もあります。

お金の不安から解放される世の中になってくれ!給与前払いサービスを一社でも多くの企業に採用してもらいたい

雇用主と社員の関係は、互いに尊重し合うべきものだと私は思います。企業は社員の労働力で利益を生み出す代わりに社員に対価を支払いますが、企業側の都合で社員に休日出勤や転勤などの厳しい働き方を求めることも少なくないはずです。

社員一人ひとりの力で成り立っているのが企業なら、企業は社員の事情にもある程度の融通をきかせることも必要ではないでしょうか。

企業とそこで働く人がよい関係を作る1つの手段として、多くの企業で給与前払いサービスを導入してもらいたいですね。

悪質な給与ファクタリングに気をつけて!給与立替給与立替サービスとの違い

コロナの影響は企業の経済活動だけでなく、私たちの生活にも関わってきました。 誰もが経験するような日々が、もう数ヶ月も続い ...

スポンサーリンク

Copyright© メジャーバズ , 2020 All Rights Reserved.