あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト【メジャーBUZZ】

いつも色々な悩みを抱えている皆さまへ、その悩みを解消できる対策法を紹介する情報サイトが「メジャーBUZZ」です。 肩肘張らずに、有益な情報、思わず口コミしたくなる情報をお伝えします。特に専門性を持たずにありとあらゆる情報をご紹介します。

そばかすを消すために中学生でもできること!

更新日:

そばかすを嫌だな、消したいなって思いはじめる時期ってちょうど中学生くらいからですよね。

好きな人ができたからそばかすを消したい!

「外国人みたい」「赤毛のアンみたいね」と言われコンプレックスに感じる

そばかすがある自分の顔が嫌い

高校に入るまでにそばかすを消したい

 
でも、そばかすの悩みって周りの友達にあまり共感されないですよね。

ハーフみたい!

そばかす可愛いじゃん

そばかす?大丈夫!俺全然気にしていない

 
なんて言われてこっちの気持ちを全然分かってくれません。

そんなそばかすの悩みを一人で抱え込んでいるあなたの手助けをしたいと思っています。

そばかすの悩みを少しでも軽くする方法をお伝えします。

 

なぜ12~15歳にそばかすが気になるのか

そばかすは遺伝傾向が強く、小さいときからあるものです。

このそばかすが濃くる年頃が、12~15歳の時期なのです。

思春期のころにそばかすが目立ち始めるのはそのためです。

いままで気にならなかったのに、突然現れたそばかす。

気になりだすと、どうにか消したいと考えるはずです。

そばかすを自力で消す方法はあるのでしょうか。

 
そばかすをすぐに消したい場合は、レーザーでの治療が有効です。

でも、レーザー治療だとお金がかかるし、親の同意も必要になります。

ハードルが高いですね。

そばかすを自力で消す方法ってあるのでしょうか。

残念ながら、これをやれば綺麗に消えるっていう方法はないんですよね。

なので、大切なことは新しいそばかすを作らないこと。

そして、いまあるそばかすを薄くする隠すということが悩みの解決になります。

気になるそばかすをメイクで目立たなくする方法
気になるそばかすをメイクで目立たなくする方法

顔の目立つ部分にできてしまうそばかす。 濃くなるとどうしても気になってしまい、コンプレックスになりがちです。 メイクでそ ...

続きを見る

そばかすができる理由

そばかすの対処法をお話しする前に、そばかすができる理由を押さえておきましょう。

そばかすができる理由は、2つあります。

  • 遺伝的にそばかすができやすい体質
  • 日常生活での肌への刺激

これらの理由でそばかすができやすくなります。

この2つのどちらの対処をしたらいいのか。

それは日常生活での肌への刺激です。

 
前者の遺伝的なそばかすは、思春期を過ぎると自然と消えていくことがほとんどです。

しかし、安心はできません。

小さい頃からそばかすがあった方は、そばかすができやすい体質であることに変わりありません。

同じように日常生活での肌への刺激対策が必要です。

日常生活での肌への刺激とは

普段の生活で肌が受ける刺激にはこんなものがあります。

  • 紫外線
  • 肌の負担となるスキンケアや洗顔方法
  • 日々のストレス
  • ビタミン・ミネラル不足
  • 睡眠不足

これらを予防、改善すことでそばかすができにくくなります。

次に具体的な方法をご紹介します。

中学生でもできるそばかすの対処法

いますぐに始められるそばかすの予防法をチェックしましょう。

そばかすは、遺伝的な要因だけではなく、紫外線による影響や毎日のスキンケア不足で引き起こされます。

肌へと形成されてから何かしらの対処を行うよりも、正しい予防法で未然に防いだ方が良いのは間違いありません。

中学生でもできるそばかすの予防法を紹介しているので、キレイな肌を目指しているあなたは一度チェックしておきましょう。

徹底したUV対策を行う

太陽の紫外線による影響でそばかすは形成されやすいので、徹底したUV対策を行うのが効果的な予防法です。

  • なるべく紫外線が顔の肌に降り注がないようにする
  • メラニン色素が生成されるのを防げる
  • 肌へと沈着しないのでそばかすやシミを予防できる

このようなメカニズムでそばかす以外の肌荒れも同時に防ぐことができます。

そばかすは、一度できると市販のコスメアイテムでは改善が難しいからこそ念入りな対策を行わなければなりません。

どんなUV対策を毎日の生活で実践すれば良いのかまとめてみました。

そばかす予防対策

  • 細胞のDNAを傷付けたりメラニンを生成したりする紫外線を防ぐ日焼け止めを塗布する
  • 「長袖の衣服を着る」「帽子を着用する」「日傘を差す」など物理的に紫外線を防ぐ
  • 身体の内側から対策できる飲む日焼け止めのサプリメントを摂取する

日焼け対策と聞くと真夏の晴天の日に行うイメージがありますが、冬場でも曇りの日でも肌へと降り注いでいる点では変わりないので一年を通して必要となります。

紫外線は、5月から量が多くなり始め、7~8月は1年で最も多くなります。

5~6月の日中は半袖でも日焼け止めを塗ってください。

紫外線は1年中なくなることはないのでシミやそばかすのある人は春 秋 冬も日焼け止めを使用する事をおすすめします。

日焼け止めと一口に言ってもローションタイプやジェルタイプなど複数の種類があり、自分の肌質に合ったものを使って紫外線からのダメージを防ぎましょう。

日焼け予防から始めよう!日焼け後のケアでシミ・そばかすを防ぐ!

初夏はお出かけしたくなる時期ですね。 家族そろって外で過ごす機会が増えますよね。 でも、4~5月は紫外線量が増え始める時 ...

続きを見る

美白化粧品を使ってスキンケアを行う

美白化粧品は既に形成されたそばかすやシミだけではなく、新たな肌トラブルが引き起こされないような予防効果もあります。

医薬部外品と記載されていれば厚生労働省かた認められた美容成分を含んでいますし、毎日のスキンケアで取り入れることでメラニンの抑制を図ったり、肌を保湿したりできるのです。

美白効果のある美容液やクリームを使うに当たり、以下の成分を含んでいるかどうかで比較しなければなりません。

  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • アカマツダイ種子エキス
  • カモミラET
  • アルブチン
  • コウジ酸

どれか一つの成分だけではなく、複数の成分がバランス良く配合されている化粧品であれば毎日念入りに塗布することでそばかすの発生を防げます。

そこで、すでに形成されたそばかすを薄くしたり、新たなそばかすを予防したりといった効果を得たい場合はフレキュレルを使ってみましょう。

フレキュレルの中にはメラニンを抑制して排出してくれる5種類の成分が含まれており、肌へと効率良く浸透して働きかけてくれます。

セラミドを中心とする保湿成分も多く、初めて使う方のために180日間の返金保証制度が取り入れられています。

お母さんに交渉してみては?

親子で綺麗肌になってもいいかもしれませんよ。

そばかすの予防に適した食べ物を食べる

外側からのスキンケアに加えて、そばかすの予防に適した食べ物を食べて栄養素を摂取し、身体の内側から対策するのも大事です。

私たちの肌は食べ物から取り入れられる栄養素で構成されており、乱れた食生活を送っているほど肌トラブルが引き起こされやすくなります。

そばかすを予防するに当たってどんな食べ物が良いのか幾つかの例を挙げてみました。

  • フルーツ全般:
    活性酸素を除去して肌の老化を防ぐビタミンCが豊富
  • トマト:
    抗酸化作用に優れており、肌の弾力と関わるコラーゲンの生成を促す
  • いわしやうなぎ:
    新陳代謝を助けて皮膚を丈夫に保つビタミンB2が豊富
  • 小松菜やほうれん草:
    β-カロチンが豊富に含まれていて活性酸素の生成を抑える

毎日の食生活で果物や野菜を食べられない女性は、ビタミン類を補うためにサプリメントを飲んでみてください。

ぐっすりと睡眠をとる

そばかすやニキビなどの肌トラブルを予防するにはぐっすりと睡眠をとるのが大事です。

  1. 夜更かしを避けて毎日十分な量の睡眠をとって生活リズムを整える
  2. 私たちは寝ている間に成長ホルモンが分泌される
  3. 夜の22時から深夜の2時までのゴールデンタイムは特に分泌量が増える
  4. ダメージを受けた肌細胞の修復や再生が行われる
  5. そばかすなどの肌トラブルが形成されるのを防ぐ

このような効果があり、不眠症や睡眠障害のような症状で悩んでいる方は入浴して身体を温めたり、お気に入りのアロマを焚いたりしてリラックスできる環境を整えてみましょう。

今から始めるスキンケアが大切

そばかすが気になるなら、いまからスキンケアを始めることが大切です。

そうすると大人になってからそばかすで悩むことはありません。

子供の頃からそばかすがあるMariさん

子供の頃にできたそばかすですが、急にできはじめたことを覚えています。

初めはあまり気になりませんでしたが、やはり年頃になってくると気になり始めました。

なぜできるのか原因がわからなかったので調べてみたこともありました。

やはり紫外線が影響しているということでした。

母もそばかすがあり、しかも外で遊んだりすることもあるため仕方がないと思っていました。

内心は、そのうち消えると思っていました。

しかし、このそばかすがなかなか消えないために成人になってからも残っていました。

逆に子供っぽく見えるとも言われたことがありますが、やはり綺麗な肌がいいと考えてそばかす対策としていろいろスキンケアを試してみました。

基本的に毎日外出するときは必ず日焼け止めクリームを塗って出かけるようにしました。

曇りの日でも意外と紫外線は多いのでいつでも塗るようにしました。

きれいに洗顔をして、化粧水や美白化粧品を使ってみました。

初めはあまり効果がありませんでしたが、続けているとだんだんとそばかすが目立たなくなってきたので効果があったと思っています。

もっと早くそばかす対策を始めれば良かったと思っています。

 
もし、どうしてもそばかすがヤダと思ったら1度お母さんに相談してみては?

もしかすると、お母さんも昔そばかすで悩んでいたかもしれません。

悩みを共有して、お母さんも巻き込んでそばかす対策しましょう。

こんな記事も読まれています
そばかすクリームで手軽にスキンケアを始めました!

私は子どもの頃からそばかすがあります。 そばかすは、大人になっても自然に消えることはありませんでした。 親からは「大人に ...

続きを見る

気になるそばかすをメイクで目立たなくする方法
気になるそばかすをメイクで目立たなくする方法

顔の目立つ部分にできてしまうそばかす。 濃くなるとどうしても気になってしまい、コンプレックスになりがちです。 メイクでそ ...

続きを見る

  よく読まれている記事(一部広告)

-シミ改善大特集

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト【メジャーBUZZ】 , 2017 All Rights Reserved.