あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト

悩みを解消できる対策法を紹介します!

 

肩こり解消はストレッチと食事から取り組もう!

更新日:

今の世の中、老若男女すべての人が抱えている悩み “肩こり

つらい肩こり、少しでも楽にしたい。

今回は、肩こり改善セルフケアを紹介します。

スポンサーリンク

どんな症状?

一般的に肩こりは、ずっと同じ姿勢でいたり、一定の負荷が肩にかかる状態で起こります。

肩が痛い、重い、触るとコチコチ、カチカチに硬くなっている。

こんな症状が肩こりです。

私も経験がありますが、肩こりが原因で頭痛や吐き気がするケースもあります。

肩こりの原因

なぜ、肩こりになるのか。

それは、首から肩甲骨周辺にある頭や胸を支える筋肉が緊張して、血行障害が起きている状態になるためです。

前かがみでパソコンの画面に向かっていたり、首を下に向けてスマホの画面を食い入るように見続ける。

そうすると、肩の周辺の筋肉に大きな負担がかかり、緊張状態が続いて、血行が悪化します。

まず予防から

肩こりは簡単な方法で予防できます。

肩こりの原因は、筋肉の緊張による血行障害です。

同じ姿勢を取り続けることで発生することが多いです。

そのため、適度にカラダを動かすことが予防になります。

仕事の合間、1時間に1回程度、席を立ってカラダを動かしましょう。

難しいエクササイズをする必要はなく、腕をグルグル回したり、歩いたりして、肩だけでなく全身の血のめぐりを良くします。

肩こり改善セルフケア

仕事中は、先ほどの予防法を実践し、帰宅してからは食事と寝る前のストレッチでケアします。

食事は、血流を改善して、筋肉の動きをよくするビタミンB1を含んだ豚肉などを積極的に摂るとよいです。

また、からだを温めて血行を促す紅茶もおすすめです。同じ働きを持つシナモンパウダーやスティックを入れて飲むとより効果的です。

仕事の合間にシナモンティーを飲むのもいいですね。

そして、夜寝る前には簡単なストレッチをします。

凝っている筋肉は、伸ばしたり、ほぐしたりして弛緩(シカン)させるのがポイントです。

バレエストレッチやピラティスなどもおすすめです。

まとめ

肩こり解消のための3つのポイント

日中はこまめにカラダを動かし、血流をアップさせます。

仕事の合間や食事はからだを温める効果があるものを食べます。

最後に血流を良くするストレッチを行い、次の日に肩こりを残さないようにしましょう。

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-悩み

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.