初盆のお返しの時期と金額の目安

更新日:

スポンサーリンク

 

初盆を迎えるにあたって、親族や近所の方、故人の友人などが

法要に参列した際に、お供えを頂く場合があります。

初盆のお供えのお返しについてわからない人は、

今回は、初盆のお返しのタイミングや、その金額について調べてました。

スポンサーリンク

初盆で頂いたお供えのお返しは必要?

地域によって異なりますが、基本的にお返しをするのがマナーです。

 

しかし、必ずしも何か品を渡すのかという訳ではなく、

お礼のハガキだけという地域もあります。

 

一度、近所のお年寄りの方に自分の地域の慣習を聞いてみてください。

せっかく来ていただいた方ですので、感謝の気持ちを表した方がお互い気持ちがいいものです。

 

また、「お返しがないなんて失礼だ。」と考える人もいますので、

何かしらの形でお返しをする方がトラブルにならずに済みます。

お供えのお返しのタイミング

あらかじめ初盆前にお返しの品の準備して、当日お渡しするのが一般的です。

品には、のしはつけましょう。

表書きの上段には「志」や「初盆志」、下段には氏名もしくは〇〇家と記入しましょう。
初盆ののし紙

ある程度の個数を用意するのであれば、

購入したお店で、のしや紙袋をつけてくれるところもあります。

 

また、初盆に参列されない方からお供えが送られてくる場合があります。

その場合は、法要が終わったあとで構いません。

お礼状とを添えて、お返しの品を送るとよいでしょう。

初盆のお返しの金額の目安

地域や家の考え方によって異なりますが、

頂いた香典や、品の金額の3分の1~半額程度の品をお渡しするのが目安とされています。

 

しかし、相手がどれぐらいの金額を持ってくるかわかりません。

お返しの品を事前に準備する場合は、コーヒーや乾麺の詰め合わせや、タオルなどをお返しとして準備します。

 

そして、お返しの品よりも頂いた香典や品があまりに高額であった場合、

後日その方へ別途お礼の品を送ると大きなトラブルは免れます。

 

注意点としては、お返しを豪華にしてしまうと、

相手に「気を遣わせてしまったかな・・・」と思われてしまうので、

やはり、半額程度の品を贈るのがよいでしょう。

まとめ

地域によって、初盆のお返しの方法は違ってきますので、

自分の地域のやり方を事前に確認しましょう。

 

品をお返しする場合には、事前にお返しの品を準備しておくのが一般的です。

 

高額な香典や品を頂いた場合、後日お礼の品をして別途送るとよいでしょう。

感謝の気持ちを表し、後のトラブルのない様に対応していきましょう。

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-お盆

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.