あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト

悩みを解消できる対策法を紹介します!

 

お盆に旦那の実家に帰省する時の手土産と服装!連泊の限界とは!

更新日:

結婚は、旦那と2人だけの問題ではありません。

結婚後は、旦那の実家とも関係を持つことが必要になります。

そこで重要になってくるのが、お盆の過ごし方です。

今回は、旦那の実家に帰省するときに気を遣うポイントをまとめました。

スポンサーリンク

色々と気を遣う旦那の実家

結婚後、最初の関門の一つがお盆での帰省です。

普段、旦那の実家と関係はなくても、年に数回訪れるイベントです。

 

旦那の実家に帰省↓↓

いくら気が進まなくても、旦那の実家との関係を疎かにすることはできません。
関係が良好ですと、旦那の実家に帰省する際の精神的負担も少なくなります。

したがって、最初は自分から良いイメージを持ってもらえるように頑張りましょう。

 

初めてのお盆で旦那の実家に帰省するあなたは、

手土産とか服装とかで頭を悩ませているはずです。

 

旦那の実家に帰省する時の手土産や服装について、アドバイスがあります。

お盆の手土産は何がいいのか?

旦那の実家に帰省するときに、手ぶらだと悪い印象を持たれる場合があります。

 

手土産を持って行き、悪い印象を持たれることはまずありません。

まず、手土産は必ず準備しましょう。

 

お盆ということもあり、仏壇のある家ですと仏壇に挨拶することもあります。

そのため仏壇のある場合は、手土産+お供え物を用意しましょう。

 

お供え物は、お線香や水羊羹、ゼリー、和菓子などが一般的です。

金額的には1,000~2,000円くらいで十分です。

必ず熨斗(のし)をつけて持って行きましょう。

 

また、手土産に関しては基本的に何でも良いです。

旦那さんから両親の好きな食べ物や、お酒なんか事前にリサーチしておいたり、

地元の名産品を持って行くと、話しのきっかけになるのでオススメです。

手土産に熨斗(のし)はいりませんが、買った時に包装ぐらいはしてもらいましょう。

手土産におすすめはコレ!選び方や人気のお土産を紹介

手土産は、プライベート・ビジネスに関係なく、非常に重要なアイテムです。 しかし、何を持っていけばいいのか、毎回悩んでしま ...

続きを見る

帰省する時の服装は?

服装も悩むポイントですよね。

普段どのようなファッションをしているかにかかわらず、

旦那の実家に帰省する際は、清潔感を意識しましょう。

 

具体的には派手な柄物や、ロックテイストなど主張の強い服装は避けた方がいいです。

 

しかし、小学校の入学式か!と思ってしまうほど固い服装も好ましくありません。

というのも、旦那の実家と言えどもある程度は料理など家事を手伝う機会があるからです。

やはり、動きやすいパンツスタイルが望ましく、スカートは止めた方がいいでしょう。

旦那の実家には何泊する?

あらかじめ、帰る日程は夫婦で話し合っておくべきです。

そして、旦那の実家にもそれを伝えておく方が良いでしょう。

 

なぜなら、旦那さんにとっては居心地のいい実家です。

ふっとしたきっかけで、もう1日泊まろうなんてことがありえるからです。

 

妻にとっては慣れない生活になるので、ほどほどに切り上げないと喧嘩の原因になりますのでご注意ください。

 

結局、日帰りだろうと、連泊だろうと苦痛は対して、変わらないと思います。

日帰りのときは、

「もっとゆっくりしていけばいいのに」

と嫌味を言われ、連泊すれば

姑の愚痴を聞かされたり、こき使われて右往左往するだけです。

長期の連泊は精神的に疲れてしまいます。

 

しかし、日帰りや2泊以上ですと旦那や両親にとっては物足りないと思われてしまう可能性が高いです。

でも、妻からすると、疲れているからといっても旦那の実家でくつろぐことはできません。

 

一刻も早く帰りたい!

 

となると、連泊の限度は一泊二日が双方の意見を取り入れたベストな宿泊数と言えるでしょう。

まとめ

旦那の実家に帰省するのは、辛いかもしれません。

しかし、嫌だという気持ちは相手に伝わりますので、余計気まずくなります。

初めての場合は、旦那の両親に飛び込んで、楽しんでみようと思って帰省してみましょう。

毎年、苦痛だと思っているあなたは受け流す気持ちを持ってください。

心を無にすると何も感じることなく、時間が過ぎていきますよ。

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-お盆

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.