燻製はダンボールで作れるか?バーベキューで試すならコレ!

更新日:

スポンサーリンク

 

バーベキューの時に変わり種の食材を用意したいものです。

そこでオススメなのが燻製(くんせい)です。

「でも、燻製っていろいろ道具が必要なんでしょ?」

と思っている人が多いですが、安心してください!

簡単に作れますよ!

今回は、バーベキューで試したいダンボール燻製の作り方や、燻製にしたい食材を紹介します。

スポンサーリンク

基本的な燻製の作り方

燻製(くんせい)は、食材の水分を燻煙(くんえん)によって飛ばし、乾燥させることで出来ます。

元々は保存食の調理方法だったのですが、今は風味を楽しむことが目的になっています。

鰹節(かつおぶし)や干し鮑(ほしあわび)も燻製料理です。

 

燻製の作り方は、意外と簡単です。

4ステップで説明します。

1.食材を塩漬けする

2.塩抜きをする

3.乾燥させる

4.スモークする

これが燻製の作り方の手順です。

詳しく解説していきます。

食材を塩漬けにする

食材を塩漬けするためにソミュール液と呼ばれる液体を作ります。

・ ソミュール液の作り方

500ccの水に対して約15%の塩(75g)

同じく約7%の砂糖(35g)と、適量のスパイスを水に入れ混ぜます。

その後、約10分煮立て、自然に常温まで冷ますとソミュール液の完成です。

そして、食材をソミュール液で3時間漬込みます。

 

塩抜きをする

食材の味を均一にするため、塩抜きをします。

ボールに水と食材を入れ、約4時間塩抜きしてください。

途中、何回か水を交換しましょう。

食材を少し切り取り、焼いて味見をしましょう。

薄味かなと思えるくらいがちょうどよい塩加減になります。

 

乾燥させる

食材の水分量が多いと美味しい燻製ができません。

乾燥をさせ、水分を飛ばしましょう。

キッチンペーパーで食材の表面の水分をふきとり、1日冷蔵庫に保管しましょう。

ピチットシート(調理用脱水シート)で食材を包むのもおすすめです。

調理用脱水シートってこんな感じのものです。

ここまでが事前に行う下準備です。

乾燥などの処理があるため、事前の準備が必須です。

燻製で大事なことは、下準備です。

しっかり手順を学びましょう。

スモークする

最後にメインの燻製を行います。

冷蔵庫で乾燥させていた食材をクーラーボックスに移し、バーベキュー会場に向かいましょう。

ダンボールで燻製する方法

ご覧のように、ホームセンターで売っているもので燻製器は作れてしまいます。

燻製を作るためには、煙を閉じ込める道具が必要です。

要するに煙を閉じ込めることが出来れば、何でもいいのです。

手軽に楽しみたい方には、
ST−114 燻家(スモークハウス)がおすすめです。
ST−114 燻家(スモークハウス)

 
いぶすための煙のもととなる燻製材は、2種類あります。

スモークチップとスモークウッドです。

スモークチップ

熱燻(ねっくん)に向いているのは、スモークチップです。

80℃~120℃の温度で、10~2時間程度で燻製が作れます。

食材を炙りながら、いぶします。

特徴としては、色づき、香りよく仕上がります。

しかし、100℃を超えるのでダンボールに引火する危険があります。

火元には十分注意をしてください。

スモークウッド

温燻(おんくん)に向いているのは、スモークウッドです。

50℃~80℃で60~240分程度で燻製します。

食材の水分を飛ばしながら、いぶします。

失敗せず、手軽に楽しめるのは温燻です。

 

熱燻は、スペアリブやウインナー、チーズ、うまい棒にポテトチップスも燻製にできます。

温燻は、ロースハムやベーコン、ホタテやイカ、ちくわやかまぼこ、卵を燻製させるのに適しています。

 

食材に合わせて燻製材を選ぶことが成功の秘訣です。

燻製窯や燻製材を買う時に、店員さんにアドバイスもらいましょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回紹介した方法なら、自宅やバーベキュー場、どこでも燻製が出来ちゃいます。

バーベキューで肉を焼くだけじゃつまらない!

マンネリ化したBBQを脱出するために、燻製を作ってみましょう。

燻製を作って周りの人を驚かしてやりましょう!

最後に、調理中はダンボールのそばから離れず見張りを置くことを忘れてはいけません。

何より安全に行うことが大事です。

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-バーベキュー, 料理・グルメ

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.