あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト

悩みを解消できる対策法を紹介します!

 

たけのこの保存方法は?賞味期限はどれくらい?

更新日:

春は、筍の季節です。

大きなたけのこが店頭に出ているのを見かけたりしますよね。

人によっては、知り合いの方から頂いたりすることもあるかもしれません。

たけのこの旬な時期に備えて、たけのこの保存方法と賞味期限を調べてました。

スポンサーリンク

たけのこは鮮度が命!

たけのこは、1度に食べ終われば、問題はありません。

しかし、そうでなかった場合の保存方法はどうすればよいのでしょうか?

 

じつは、たけのこは根から切り落とされた瞬間から鮮度が落ちはじめます。

時間が経つにつれ、どんどん苦味が出てきます。

なので、すぐに茹でてしまうことが大切です。

たけのこはあく抜きから

たけのこの保存方法は、あく抜きからスタートになります。

 

まず、たけのこの外側の皮を2~3枚はがします。

つぎに、とんがった頭の部分を斜めに5センチほど切り落とします。

最後に、縦に3分の1程度の深さまで切り込みを入れます。

 

大きな鍋にたけのこを入れます。

たけのこが浸かるくらいの水を入れます。

米ぬかと1カップと乾燥唐辛子(鷹の爪)を入れ、沸騰させます。

米ぬかがない場合は、お米のとぎ汁か、お米自体を入れて茹でても大丈夫です。

→ たけのこを米ぬかなしで茹でる場合は?

→ たけのこのあく抜きは重曹を使う方法

沸騰した後は、弱火で1時間程度茹でます。

ゆで上がりを確認するのに、根元部分に竹串を刺してみます。

”スッー”と、とおれば茹で上がりです。

 

茹で上がったら、そのまま茹で汁に浸かった状態で自然に冷まします。

たけのこの保存方法と賞味期限

ゆで上がったたけのこは、皮をはいで、水で軽く洗います。

タッパーなどの密閉容器に入れて、水に浸けて冷蔵庫で保存します。

茹でたたけのこからもアクが出てきます。

こまめに水の交換が必要です。

この保存方法での賞味期限は、約1週間程度となっています。

 

→ たけのこの水煮を長期間保存する方法

また、冷凍庫で保存することもできます。

この場合の賞味期限は約1か月程度となっています。

 

→ たけのこを冷凍保存する時に気をつけること

さらに長期に保存したい場合は、塩漬けにして瓶づめにすると約1年間は保存できます。

保存法を工夫して、美味しいたけのこを楽しみましょう。

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-料理・グルメ

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.