あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト

悩みを解消できる対策法を紹介します!

 

たけのこの水煮の保存期間は?長期間保存する方法!

更新日:

たけのことは、炒め物や煮物、炊き込みご飯などさまざまな料理に使えます。

しかし、1度に使い切るのは難しいと思います。

余った筍を水煮で保存する場合も、保存期間が気になるところです。

長期間保存できる方法を紹介します。

スポンサーリンク

たけのこの水煮とは?

たけのこは、えぐ味があるため下処理が必要です。

一般的に米のとぎ汁や、米ぬかなどを使って加熱しながらあく抜きします。

→ <b>たけのこのゆで方は?米ぬかなしで茹でる場合は?

→ <b>たけのこのえぐ味の正体は?重曹であく抜きできる!

このように処理したたけのこを、水煮と言います。

水煮の保存期間は2~3日

水煮は、水に漬けたまま冷蔵保存します。

毎日、水を交換すると2〜3日は保存が可能です。

あまり日持ちはしないため、なるべく早く食べ切ることが大切です。

 

冷凍で保存する場合は、水に入れ、氷漬けにします。

こうすることで、冷凍焼けせずに使うことができます。

解凍後の口当たりが若干柔らかくなりますが、冷蔵保存より長期間保存できます。

 

また、たけのこに味付けし、冷蔵庫で保存する方法もあります。

おすすめは、竹の子ご飯の元です。

たけのことニンジン、油揚げや鶏肉と一緒に煮ます。

あとは、冷凍庫で保存しておけば、長持ちしますし1品欲しいときになど便利です。

長期期間保存する方法は?

どうしても長持ちさせたい場合は、どうすれば良いのか?

うちでは、煮沸消毒した密閉容器で保存しています。

 

まず、小さめの瓶を用意します。

※1回で食べきれる量が入る保存容器で十分です。


Parfait(ル・パルフェ)ダブルキャップジャー 500ml

つぎに適当な大きさにたけのこを切ります。

煮沸消毒した瓶に詰め、瓶いっぱいに水を入れたら軽く蓋をしめます。

 

瓶を鍋に入れ、蓋の下のあたりまで水を入れて火にかけます。

お湯が沸騰してから30分ほど煮沸して脱気します。

30分経ったら、瓶を取り出し蓋を固く閉めます。

 

また、鍋に移し、瓶全体が浸かるまでお湯を入れます。

さらに30分煮沸し、殺菌します。

最後に鍋から瓶を取り出し、逆さまにおいて粗熱をとります。

完全に冷めたら完成です。

まとめ

煮沸消毒したビンは、日の当たらない冷暗所で保管します。

その他にも冷凍保存する方法もあります。

→ たけのこを冷凍保存する時に気をつけることは?

たけのこは、すぐに食べきれれば1番良いのです。

しかし、1度に食べきれないこともあります。

長期間たけのこを楽しむことために、上手に保存しましょう。

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-料理・グルメ

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.