あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト

悩みを解消できる対策法を紹介します!

引越しの荷造りのコツを伝授!荷造りはいつから始める?

更新日:

引越しの準備は、段取りが重要です。

その中で一番時間がかかり、苦労するのが荷造りだと思います。

そんな荷造りも、ポイントさえ押さえれば、楽しく上手に出来ちゃいます!

今回は、引越し3週間前から行う荷造りの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

手順1.不用品の処分(引越し3週間前)

荷造りの第一歩は、不用品の処分です。

引越しの場合、部屋中の荷物を整理する必要があります。

当然、荷物の量も多くなります。

しかし、すべての荷物が必要とは限りません。

新しい生活で使用しない可能性もあります。

新居に持って行っても収納できないこともあるので、1年間使っていないものは処分対象として分別しておきましょう。

本、CD、洋服、食器など、要る物と要らない物に分別を行いましょう。

また、これまでの思い出を整理するのにも良いタイミングです。

プレゼント、写真、仕事関係など、いい思い出とそうでない思い出をこのタイミングで整理しましょう。

不用品の処分について

不用品が出た時には、リサイクルショップへ売ったり、オークション、フリマアプリなどに出品して現金化すれば、そのお金で引越し費用が安くできます。

荷造りを3週間前ことで余裕を持って、取引が完了します。

不用品の処分方法にも気を配ってみるのがおすすめです。

臨時収入と運ぶ荷物が少なくなるので、一石二鳥です。

手順2.段ボールに詰める(引越し2週間前)

段ボールに詰めていくときのコツは、普段使わないものから片付けいくことです。

単身の引越し場合は、手当たり次第に詰めていくのも1つの方法です。

しかし、コツコツ荷造りをする場合は、段取りを意識しなければいけません。

基本は、オフシーズンの物から梱包をすることです。

すぐに使用しない物から詰めるようにしましょう。

大小の段ボールの使い方

本や食器など重たいものは、小さい段ボールに詰めるようにしましょう。

洋服や雑貨など軽いものは、大きな段ボールへ入れます。

あまり重くしすぎると、持ち上げられないだけでなく、段ボールが破れてしまうこともあります。

梱包の時の注意点

梱包する時は、破損にも注意しなければいけません。

大切な荷物を保護する為には、しっかりと緩衝材で包むようにしたり、ダンボールに隙間を作らないようにすることが大事です。

また、荷造りの便利グッズとして「ミニストレッチフィルム」があります。

このミニストレッチフィルムは、梱包用のラップです。

ガムテープで留めるのはチョッと・・・っと思った時に便利です。

まとめも荷解きも簡単!「ミニストレッチフィルム」

おすすめの緩衝材一覧

お皿などの割れ物は、1枚ずつ新聞紙などでくるみ、段ボールに縦に梱包すると割れにくいです。

割れ物を入れた段ボールには必ず「ワレモノ注意」と書きましょう。

保護が甘かったり、隙間があると運搬中に割れるなどのリスクがあるので注意しましょう。

段ボールに内訳を書く

荷造りの時に、荷ほどきのことも考えることが大切です。

段ボールに荷物を入れたら、中身の内訳を書いておきましょう。

そうすることで荷ほどきも楽になります。

内訳を張る場所は、積み重ねた時に見えるように段ボールの上側に記入せず、側面に記入するのが基本です。

手順3.引越し直前(引越し1週間前)

引越し1週間前は、身近な物の整理を始めます。

冷蔵庫の食品は、できりる限り食べきるようにしましょう。

洗濯は、引越し1~2日前に行うようにし、引越し当日までに水抜きを済ませておきましょう。

また、洗面用具やトイレットペーパー、簡易に掃除が出来る掃除品は他の荷物と別にしておき、新居ですぐに使えるようにしておきましょう。

最後に貴重品です。

現金、通帳、印鑑、高価な貴金属などは、段ボールには入れず、手持ちで運ぶようにしましょう。

まとめ

引越しの荷造りのコツは、まず要る物と要らない物の分別をしっかりと行うようにしましょう。

そして、出番がない物から段ボールに詰めていくのも上手な荷造りのコツです。

今回は、3週間という期間を設定して荷造りを行いました。

計画的に荷造りすることで、新居での荷ほどきもラクになります。

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-お役立ち情報

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2017 All Rights Reserved.