好きな人に嫌われないためのLINE頻度は?

投稿日:

LINEの頻度で悩む女の子
スポンサーリンク

 

LINEを上手く使うことができれば、気になる人や恋人との距離を大きく縮めることができます。

しかし、早く仲を深めたいからと言ってLINEを送りすぎてしまうと、相手からウザがられてしまうこともあるため、頻度には注意が必要です。

好きな人に嫌われないLINE頻度は、どれくらいがベストなのでしょうか。

スポンサーリンク

1日の適切なLINE頻度

1日の適切なLINE頻度は、相手との現在の関係によっても変わってきます。

初デート前の気になる相手や片思い中の相手とLINEをする場合は、1日1〜3回程度がベストと考えている人が多いようです。

これくらいの頻度であれば、勉強や仕事が忙しい日でも対応することができ、相手から面倒臭がられるリスクも抑えることができます。

LINEだけで相手のことを深く知るというよりは、初デートのときのために相手の興味や趣味をおおまかに聞き出しておくことを目的とした方が、より関係を発展させやすくなります。    

 

すでに何度かデートを重ねている相手や付き合っている相手とLINEをする場合は、1日4〜7回に頻度を増やす人が多いようです。

日常的なコミュニケーションを重ねることで、より親密な仲になりたいと考え方が、男性にも女性にも多く見られます。

付き合い始めたからと言って、いきなり頻度を増やしてしまうとお互い負担になってしまうこともあるため、多すぎず少なすぎない頻度が良い関係を保つためにも効果的です。

 

ただし、これらのLINE頻度はあくまで平均的な回数であるため、相手の性格や生活リズムに合わせてあげることも大切です。

普段からあまりLINEを利用しないという相手には、より少なめの頻度で送ってあげた方がいいでしょう。

大切なのはどんな思いを伝えたくても、相手から負担に思われないように抑えることです。

 

LINE頻度に不安がある場合は、思い切って適切な頻度や対応できる時間帯を相手に確認してみることもひとつの手段です。

毎回丁寧にLINEを返してくれていたとしても、「返さなきゃ悪いから」という義務感だけで相手が対応してくれている可能性もあります。

普段からついついLINEを多く送ってしまうという人は、一度異性や周りの友人に相談してみて、相手の負担になっていないかどうか、一度客観的に判断してみるようにしましょう。

 

また、一方的な片思いで相手がこちらにあまり気がない場合は、週に2、3回程度のやり取りから始めてみて、様子を探ってみるようにしましょう。

個人LINEが難しい場合は、共通の友人などに協力をお願いして、グループを作ってもらう方法もオススメです。

頻度を減らさないことが大切

好きな人にLINEを送る

仲良くなればなるほど、もっとたくさんLINEをしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

相手にも負担がなく、お互いにコミュニケーションを取りたい気持ちがあるならば、LINE頻度を増やしていくことは問題ありません。

しかし、話すことが無くなった、関係が落ち着いてきたからと言って、急にLINEの頻度を減らしてしまうのはよくありません。

急にLINEが来なくなると、相手から不審に思われる、興味がなくなったのではないかと疑われてしまう可能性があるからです。

一時期の感情に任せて、いたずらにLINE頻度を変えるようなことはせずに、話したいことがあっても緊急性のないものであれば翌日以降に取っておくようにして、できるだけ1日のLINE頻度を保てるようにしましょう。

毎日ただ同じ頻度でLINEを送るのではなく、曜日や時間帯によって回数を変えてみるのもテクニックのひとつです。

「おはよう」や「おやすみ」だけの挨拶LINEが続いてしまうと、画面を開いたときに作業感を感じてしまうようになります。

週末などの空いている時間帯だけは、いつもより少しだけLINEの頻度を増やしたり、メッセージの内容を深めるようにしたりして、楽しいコミュニケーションを継続できるように工夫してみましょう。

スポンサーリンク

回数よりも内容にこだわってみる

LINEでのコミュニケーションは、1日に送る回数だけではなく、メッセージの内容も重要です。

たとえ適切な頻度でやり取りをしていても、メッセージの内容がプライベートの愚痴や相談事ばかりになってしまうと、相手はあなたからのLINEにネガティブなイメージを持つことになります。

「どうせまたいつもの愚痴だろう」と相手から思われてしまうようになると、既読や返信が来るまでの時間も長くなってしまい、トラブルに発展してしまう可能性も高くなります。

相手へ送るメッセージはできるだけ「すぐに確認したい!」と思わせることができるような、前向き内容を中心に書くことを意識してみましょう。

相手の体調を気遣ってあげたり、好意や感謝をさりげなく感じさせたりする内容であれば、たとえ短い内容のメッセージでも好感を持ってくれるようになります。

 

また、相手のテンションに合わせて文体を変えてあげることも大切です。

いくら嬉しい出来事があったからと言って、こちらが高いテンションのまま内容を伝えてしまうと、共感を得ることができないまま、相手から引かれてしまう可能性があります。

相手があっさりとした反応を返してきたときは、こちらも絵文字やスタンプの多用は控えるなどして、できるだけ同じテンションでコミュニケーションを取っていくことがポイントです。

「この時間帯はちょうど仕事終わりだから、まずは気遣ってあげよう」など、相手の気持ちを考えて最初の一文を工夫するだけでも、メッセージへの反応速度を大きく変えることができます。

男性と女性の違いを意識してみる

男性と女性のあいだでは、コミュニケーションの取り方LINEに対する考え方がまったく異なっていることも珍しくありません。

一般的に男性はLINEを「用件を済ませるだけのツール」と考えており、女性は「共感を得るためのコミュニケーション」と考えている傾向があります。

お互いのコミュニケーションの取り方や目的に大きなズレがある場合は、LINEを使ったやり取りそのものが上手く機能しなくなる可能性があります。

男性へメッセージを送る場合は、しっかりとした答えがある質問やポイントのわかりやすい短いメッセージなどが比較的好まれます。

  • 日頃の感謝を伝える
  • 相手を褒める

こんな内容を書くときも、具体的なポイントや例をひとつ加えることで、好感度を大きく上げることができます。

男性が女性へメッセージを送る場合は、あまりコミュニケーションの中身や会話の結論を求めすぎないことが大切です。

男性とは対照的に、質問などが中心のコミュニケーションは嫌われる傾向があります。

会話の内容や結論を重視よりも、お互いのテンションや感情を共有できるようなその場でのやり取りを意識してみるといいでしょう。

また、コミュニケーションが盛り上がったときはそのまま続けるのではなく、楽しい気分のうちに一度打ち切ることで、良い印象が残りやすくなります。

まとめ

異性から好感を得やすいLINEの頻度や基本的なテクニックについてご紹介しました。

いまでは日本人のほとんどが利用するようになったLINEですが、メッセージの使い方や利用頻度は人によってもさまざまです。

まずは相手のペースに合わせてあげることを意識して、負担にならない程度にコミュニケーションを取り始めてみましょう。

相手を思いやる気持ちさえ失わなければ、きっと2人の関係も良い方向へ発展していくはずです!

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-お役立ち情報

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.