あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト

悩みを解消できる対策法を紹介します!

不貞行為の証拠なら自白

 

不貞行為の証拠はLINEではダメ?押さえるべきは自白か音声 or 動画

投稿日:

不貞行為とはその名の通り夫婦の間柄でありながら、他の異性とセックス、肉体関係があれば不貞行為となります。

肉体関係を持っていたという証拠がなければ、不貞行為として立証される事はなく、パートナーが異性と食事に行くことや、キスをするぐらいでは不貞行為として認められません。

不貞行為の説明、そして不貞行為の立証方法などを紹介します。

パートナーが不貞行為を行っていると感じたとき

もしも、あなたのパートナーが不貞行為を行っていると感じたとき、まずはグッと感情を押し殺しましょう。

感情論で相手を問い詰めても証拠がなければ不貞行為として認められません。
不貞行為の証拠があれば、離婚時にはあなたがおった心の傷だけ慰謝料を請求できます。

しかし、不貞行為の証拠がなければ慰謝料を請求することもできません。
パートナーが不貞行為をしているかもしれない。
その尻尾を掴んでしまい、パートナーのことを信じられなくなった。

今までのようにパートナーを信じられなくなったのならこのまま読み進めてください。

もし不貞行為をされていても、パートナーを許し、一緒に生きようと思っている方は申し訳ありませんが、ここで読み進めるのをやめてください。
ここから先はあなたが愛したパートナーと離婚・慰謝料を要求する方法が書かれています。

スポンサーリンク

浮気・不倫の兆候はありませんか?

  • 会社での残業が多くなり、家に帰る時間が遅くなる
  • 休日出勤や会社での飲み会が定期的にあると言われている
  • 夫婦間のセックスで、今までしたことのないような接し方をしてきた

浮気や不倫の兆候は、とくに夫婦間でのセックスのときに気づくことが多いようです。
また、浮気相手とのやり取りをしているスマホの画面などを偶然見てしまい浮気・不倫の疑惑をいだく場合や、いつもと雰囲気が違っていたりすることでも気付いた、といった声も多いです。

共通の知り合いなどからパートナーが別の異性と2人きりで会っているのを目撃され発覚することが多いようです。

不定行為と認められる場合と認められない場合

パートナーからすれば自分以外の異性と外を歩いて楽しそうにしているだけで耐え難い行為だと思います。

しかし、不貞行為を証明するためには肉体関係の証拠がなければ不貞関係だと認められません。

 

非常に稀ですが、世の中には本当に肉体関係もなく精神的に癒やされる、という理由で心の癒しを求め2人で過ごす男女もいます。
2人の間には肉体関係がない場合、不貞行為としては認められません。
「法律の上では仲の良い友人2人が会って話しをしている」という事で片付けられてしまいます。

ただし、相手との時間を優先して夫婦としての時間が奪われている。
相手にお金貢いでおり、生活費に困っている。
夫婦間の性行為を拒否しているなどの事実があれば、肉体関係がなくとも不貞行為として認められることもあります。

オーラルセックスや手淫でも不貞行為です

肉体関係を持つことが不貞行為となりますが、類似行為においても離婚の原因となり、これを不貞類似行為と呼びます。

肉体関係なしのプラトニックラブの場合は不貞類似行為としては認めらません。
驚くべきことにキスや胸を触ったりしても離婚原因が認められる不貞類似行為にはならないのです。
不貞類似行為というのは、直接的なセックスをせずとも射精を伴う行為をした場合には不貞類似行為として取り扱われ、離婚や慰謝料を請求することができます。

1度限りの不貞行為では離婚はできない場合も

お酒の勢いで思わず一線を超えてしまった。

それらが不貞行為であることは間違いありませんが、一度きりだけの関係の場合は離婚できず、慰謝料も少額となる可能性は高くなります。
その金額は30万円ほどだと言われています。
場合によってはもう少し増額できると言われていますが、一度限りの不貞行為であれば、少額の慰謝料しか得る事はできません。

また相手との肉体関係があった事前提となるため、証拠がなければ離婚も慰謝料も請求できないケースがあります。

スポンサーリンク

不貞行為の証拠として有利になるもの

不貞行為の証拠で自宅写真
ここでは不貞行為の証拠になるものを幾つか紹介していきます。

いくつか紹介する理由として、不貞行為として離婚、裁判を起こす際にはひとつだけでは不貞行為として認められないことも少なくありません。
可能な限り複数の不貞行為の証拠となるものを集めておきましょう。

そうすることによって離婚・慰謝料請求時において円滑に事を進めることができます。

自白や不倫相手との録音会話

相手側の口からの肉体関係があったという言葉が録音されていれば、立派な証拠となります。

そうはいっても相手の口から「セックスした」などと言った言葉は簡単には出てきません。
相手からの言葉で録音をしたいのであれば、相手の共通の友人を使って口を開かせたりするのが効果的であったりします。

また、「正直に話してくれたら、考えるから本当のことを言って欲しい」と相手に頼むなどをすれば相手が認めることは多いそうです。
その場合相手の気持ちを裏切ることになりますが、確かな証拠が欲しいのであれば心を鬼にしましょう。

その際には相手とどのような事をしたのか、どこで落ち合っていたのか。など細かく聞いておくといいでしょう。
あくまで優しい口調ですべてを許してあげる。という気持ちを持ちましょう。

脅迫めいた口調で誘導尋問のようになってしまい、頷けば解放されるかと思ったので、その場の空気を沈めるために言った。と言い逃れされてしまう可能性もあります。

不貞行為の証拠を集めるためには、相手の口から真実を語らせましょう。

また、パートナーの車の中にレコーダーをつけておくことで有利に進むことが多いです。
車の中は完全に1人でプライベートな空間になるので、気が緩み不倫している相手と安心して電話をすることもありますし、場合によっては浮気相手を車に乗せて運転することもあるでしょう。
ホテルなどの場所に行かず、車の中でセックスを行う人もいるので、それが不貞行為の証拠になった事例もあります。

大胆な例ではあなたの出張中で留守の間に、自宅に異性を連れ込みそこで性交渉を行った音声が録音されてしまい、証拠となったケースもあります。
録音音声というものは改ざんしにくく、証拠として提出すれば大きな力を発揮します。

カバンの中にレコーダーを仕組むの証拠にならない

カバンの中にレコーダーを仕組むのは犯罪となり証拠になりません。

カバンの中や相手の携帯電話や私物に対して、レコーダーをしかけることはプライバシーの侵害となり、そこで不貞行為が裏付けられる会話が録音されていても、違法行為として扱われてしまい証拠にはならなくなってしまうので注意が必要です。

2人が写った写真やビデオ

2人でラブホテルなどに入っているかのような写真や、そこから出てくる動画などは不貞行為をしたとされる重要な証拠になります。

注意点が2つあります。

  • 相手と旅行をしていて2人で並んで歩いているだけの写真
  • プリクラといったようなただ仲良さそうに歩いている写真

このようなものは証拠になりません。

ラブホテルに入っていく様子や、出て行く様子のような決定的な写真や映像を残すと不貞行為としての証拠になります。

また、ラブホテルに入っている決定的瞬間を記録しても一度限りの写真などでは、相手と休憩していただけ。と言い逃れされ、不貞行為として認められないこともあります。
より確実な証拠のために複数回ホテルに出入りしている場面の写真や動画を記録する必要があります。

2人で行ったとされるレシートや領収証

証拠としては非常に弱い部類となりますが、そのレシートの内約などによっては間違いなく1人ではない誰かといたという証拠に繋がります。

これらは幾らでも誤魔化しの効くもので、不貞行為の証拠にはなりえませんが、小さな証拠として保存しておくことでのちのち有利に動くことができるでしょう。

LINEのトーク履歴

最近ではLINEやフェイスブックのやり取りを偶然開いてしまい、浮気相手とのメッセージを見つけてしまうことがあるようです。
ただし肉体関係を示唆するような言葉があっても、理由の後付はいくらでもできるため、上記の2つに比べると証拠としては弱い部分もあります。

たとえば、こんなLINEのトーク履歴があります。
「気持ちよかった♡」
「たくさん出たね💕」
などの明らかな性交渉だと思われるやり取りがあっても、

「気持ちよかった♡→お酒を沢山飲んで気持ちよかった」
「たくさん出たね💕→いっぱいお酒を吐いたね」
などと強引に乗り切られてしまうこともあるのです。

ただし、これらは不倫行為の重要な形跡のひとつとなるため、こういったトーク履歴を見つけたときは自身の携帯などで写真を撮っておき、いざという時のための証拠のひとつとして保存しておきましょう。

LINEの浮気を見破るための3つの方法を解説しています。LINEがきっかけで不貞行為の決定的証拠につながることがあります。

LINEの浮気を見破る方法!浮気を疑う3つのポイント

ベッキーの不倫騒動でクローンLINEが有名になりましたよね。 古い端末を使いクローンを作成し、相手のやりとりをのぞき見る ...

続きを見る

証拠を掴むために探偵も視野に

不貞関係の証拠を掴みたくても、あなた自身の仕事や用事が忙しく明確な証拠を掴むことができない場合もあるでしょう。
そういった時に探偵に相談するというのはひとつの解決策となります。

例えば何度も異性とラブホテルに行っているのではないか?と疑問があっても場所がどこかはわからない。
証拠写真が撮れないということも少なくありませんし、ラブホテルに入る瞬間の写真や映像を鮮明に撮るというのはプロでも難しいものなのです。

また、仮にパートナーの浮気を疑い、証拠を掴むために動いていた結果、異性の部下と真剣に仕事の話しをしているだけだった。といったケースもあります。
こういったときに、あなたがパートナーの周りを監視していたことがばれると、今後の夫婦生活に亀裂が走るキッカケとなります。

まとめ

不貞行為の証拠は、本人の自白か、肉体関係を証明する物的証拠が必要になります。

パートナーが浮気や不倫をしているのかも?と感じているのなら、証拠を集めていきましょう。
証拠を集めていく事によって、パートナーの潔白が証明される場合もあります。

あなたのパートナーがあなた以外の異性と、継続的に会って、肉体関係を持っているのであれば、離婚や慰謝料の請求をする事が可能です。
その決断を決めるのはあなた次第です。

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-お役立ち情報

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.