着物のレンタルサービスを比較!ネット選びで押さえておきたいポイント

更新日:

スポンサーリンク

 

着物着てみたいな・・・
と思っていてもなかなか着る機会ないですよね。

私も成人式、初詣、結婚式くらいしか着た覚えがありません。

成人式のときは、周りのみんなが振袖で出席するって言うから自分も親に頼みました。

振袖一式買うと高いのでレンタルでしたけど・・・

初詣は、彼を驚かそうと思って着物で行ってみました。

あとは友達の結婚式に着物で出席したのが数回あるくらいです。

着物を着る機会って数年に1~2回しかないですよね。
 

  • 成人式に一度しか着ることのない着物を買うのは勿体無い
  • 高級な振袖を着たいけれどお金がちょっと・・・
  • 着物を自宅で保管してアフターケアを行うのが面倒

こんな悩みもあるので購入ではなく、レンタルする人が増えています。

あなたも着物をレンタルしようか迷っていませんか。

レンタルなら一時的に自分の好きな着物を借りて着用できるのがメリットですね。

この記事では着物をレンタルするときに大切なことや、選び方で押さえておきたいポイントをまとめています。

利用するレンタルサービスによって取り扱う着物の種類や値段には大きな違いがあります。

事前にしっかりと確認してください。

結婚式や成人式など、特別な記念日に着物を着たい!

と思っているあなたに最適なサービスを選んでほしいです。

実店舗に足を運ぶのかネット完結のサービスを利用するのか

始めに、実店舗に足を運ぶのか、ネットショップを利用するのか決めなければなりません。

実店舗の着物レンタルサービスは、お店の人と相談しながら選ぶことができます。

利用シーンに合った着物をその場で試着をして借りる種類を決める形となります。

一方ネットショップは、留袖、訪問着、振袖、袴などカテゴリごとに分けられたカタログ選びます。

すべてオンライン上で手続きを行います。

それぞれの方法でどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

実店舗で着物をレンタルするメリット

  • 着用する着物が自分のイメージやサイズに合っているのか確認できる
  • 豊富な種類の着物からレンタルするものを選ぶことができる
  • 契約している着付け師さんを会場まで派遣することができる

ネットショップで着物をレンタルするメリット

  • レンタルの値段が非常に安く、気軽に時と場合で使い分けて利用できる
  • オンライン上での手続きだけで着物の一式を自宅や会場へと届けてくれる
  • 借りる前に有料で下見をすることができる

家の近くに着物をレンタルできる実店舗がない場合、直接足を運んで手続きをするのは難しいですよね。

だからこそ現在ではネットショップでレンタルする方法が流行っていますよ。

「どうしてもお店のスタッフさんに着物の着用について相談したい」と考えている方には実店舗の方が合っていますので、どちらが良いのか比較してみてください。

ネットで着物を選ぶときのポイント

それは、レンタル可能な着物の種類が多いことです。

着物を着るシチュエーションはいろいろあります。

  • 七五三・お宮参り
  • 成人式
  • 結婚式・結納
  • お茶会・観劇など
  • 入学式・卒業式
  • 長寿
  • 夏祭り・花火大会
  • ご葬儀

それぞれのシチュエーションに合った着物を選ぶために豊富な種類の着物が用意されていることが重要です。

レンタル可能な着物の種類が900点以上『着物レンタル365』

レンタル可能な着物の種類が多いのかどうかは、サービスの選び方で押さえておくべきポイントの1つです。

 
着物選びで1番大切なことは、自分に合う着物、気に入った着物が見つかることです。

そのために多くの種類があった方がいいのです。

実店舗でもネットショップでも色々な着こなしを楽しみたいのであれば、取り扱い可能な着物の種類が多いのかどうかで比較する必要があります。

そして、利用するシチュエーションに合った着物を取り扱っていなければ意味がありません。

創業60年の呉服屋が運営しているサイトの着物レンタル365では、幅広い種類の着物を取り扱っています。

  • 留袖:上半身に柄が無く裾に模様が入る着物で、結婚式や披露宴で母親や親族が着用する
  • 色留袖:新郎新婦の家族や親族が着用できる着物で、既婚でも未婚でもOK
  • 訪問着:「結婚式」「披露宴」「入学式」「卒園式」など様々なシチュエーションで着用可能な略礼装
  • 振袖:結婚式や成人式が着用する代表的なシーンで、未婚女性の第一礼装なのが特徴
  • 卒業袴:高校や大学の卒業式に着用できるタイプの着物
  • 産着:生後間もない赤ちゃんが健やかな成長を祈るお宮参りで着用する着物

シチュエーションに応じた着物をオンライン上で簡単な手続きでレンタルできるため、着物レンタル365を利用する方が増えています。

もちろん、着付けに最低限必要な小物がセットされ、さらにウエスト補整やさらし、マジックベルトまでついています。

  • 帯〆
  • 帯揚
  • 重ね衿
  • 長襦袢(半衿付き)
  • 肌着
  • 衿芯
  • さらし
  • 腰紐(5本)
  • 伊達〆
  • マジックベルト
  • 帯板
  • 帯枕
  • コーリンベルト
  • ウエスト補整
  • 三連ひも
  • 扇子
  • バッグ
  • 草履

 
独自に行ったアンケート調査によると、お客様の満足度は95.3%と高い数値を残していました。

着物の質に自信を持っているネットショップですので、着物レンタルの選び方で迷っている方は着物レンタル365を試してみてください。

スポンサーリンク

着物レンタルを安く済ませるなら楽天がおすすめ

訪問着ならかしいしょう錦の「訪問着おまかせレンタル」が安くて手軽なセットです。

着物一式すべて揃って7800円は驚きの価格です。

着物の種類や利用シチュエーションが限られてしまうデメリットがありますが、それでも7800円なら検討してもいいですね。

着物のレンタルで大切なこと

それは、自分に似合う着物、気に入った着物が見つかることです。

 
最近は、成人式や結婚式で着用する振袖を借りるために着物のレンタルサービスを利用する女性が増えています。

日常生活の中で着物を着る機会は圧倒的に少ないので、高い着物を購入するよりも実店舗やネットショップでレンタルした方が圧倒的にお得ですよね。

自分に合う振袖を選ぶために意識したいポイントを幾つか挙げてみました。

振袖の選び方で意識したいポイント

  • 自分の肌や瞳、髪の毛の色に上手くマッチするパーソナルカラーを意識する
  • 背の高い女性は色合いがハッキリしている着物、背の低い女性は淡い色で小さめの柄など身長に合わせて決める
  • 痩せ型の女性は温かみのある色合い、ふっくらとした女性は濃い色の着物など体型に合わせる
  • 主役となる振袖だけではなく、帯締めの色や髪飾りなど全ての小物を合わせてコーディネートする

 

最後に確認するべきポイント

気に入った着物が見つかったら、いよいよレンタルの手続きです。

その前に確認したいのが、クリーニングや送料が無料かどうかです。

着物のレンタルサービスによって、借りた後のクリーニング代金や送料は異なります。

  • 着物をクリーニングして返却しなければならない
  • 自宅や会場へと着物を届ける送料はお客様負担

こういったサービスは少なからずあるので、クリーニングや送料が無料かどうかは選び方のポイントです。

着物のレンタル料金さえ支払えばOKのサービスであれば、クリーニングは不要で気軽に借りることができます。

何より送料や手数料など余計な費用を負担せずに済みますよ。

着物をレンタルする料金自体が安くても、その他にコストがかかってしまっていては意味がありません。

 
「フルセットでレンタルできるのか?」

「返却前のクリーニングは必要なのか?」

「往復の送料は誰が負担するのか?」といった点を事前に確認しておきましょう。

 
着物レンタル365なら着物だけではなく、他の小物もフルセットで借りられますので安心です。

もちろん、返却前のクリーニングも必要ありません

往復の送料もかかりません。

 
ぜひ着物で特別な記念日に大切な思い出を残してください。

  よく読まれている記事(一部広告)

-ファッション

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.