あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト

悩みを解消できる対策法を紹介します!

気になるそばかすをメイクで目立たなくする方法

 

気になるそばかすをメイクで目立たなくする方法

更新日:

顔の目立つ部分にできてしまうそばかす

濃くなるとどうしても気になってしまい、コンプレックスになりがちです。

メイクでそばかすの印象をぼやけさせることができます。

しかし、意識しすぎると厚化粧になったり化粧くずれしたり、不自然な印象をつくってしまうこともあります。

そばかすを隠しつつ、自然な印象のメイクに仕上げるためには、ファンデーションやコンシーラーの色選びや使い方が大切になってきます。

今回は、そばかすを目立たなくするための正しいメイク方法についてご紹介します。

ファンデーションの種類によって変わる効果

そばかす自体を消すためには皮膚科などで治療が必要となり、お金や時間がかかってしまいます。

たとえ一時的にそばかすを消すことができたとしても、遺伝性であるそばかすの場合は再発する可能性があります。

自分でできる日常的な対策方法としては、メイクによってそばかすをできるだけ目立たなくすることが大切です。

メイクでそばかすを目立たなくするためには、ファンデーション選びが大切になってきます。

ファンデーションにはパウダータイプなど様々な種類のものがあります。

そばかすを隠すためにはクリームタイプのものが適しています。

クリームタイプのファンデーションは、肌に密着し、時間が経っても化粧くずれが起きにくいので、そばかすを長時間カバーしてくれます。

BBクリームやリキッドタイプといったファンデーションは、カバー力に優れているため、そばかすの範囲が広い場合などにおすすめです。

しかもBBクリームには、そばかすの原因になる乾燥や日焼けを防ぐ効果もありそばかす対策にもなります。

肌に厳しい季節や環境でも強い味方となってくれます。

リキッドタイプのファンデーションでも、化粧下地に日焼け止めを塗っておくことで対策することができます。

それでもBBクリームの魅力は、手軽にオールインワンで効果を発揮してくれるところです。

クリームタイプのファンデーションを使ってみたいけれど、重たいものが苦手という方には、CCクリームをファンデーションとして使う方法もあります。

リキッドタイプと比べると、テクスチャーは少し軽めになります。

でも、下地づくりとコントロールカラーを同時に行うことができるため、より自然な印象で全体をカバーすることができます。

そばかすをカバーするファンデーションの塗り方

そばかすをメイク隠す方法
ファンデーションの手順は、パウダータイプかクリームタイプかによって違います。

正しいメイク方法を覚えておきましょう。

パウダータイプ

パウダータイプの場合、コンシーラーはファンデーションの前に塗るようにしてください。

コンシーラーはそばかすをしっかりと隠すためにも、ひと回り広い範囲に塗るようにしましょう。

ファンデーションの前にコンシーラーの周りをぼかしておくことで、より自然な仕上がりになります。

クリームタイプ

クリームタイプの場合は、最初に全体を薄くファンデーションで塗ったあと、叩くようにして上から重ねます。

これで、気になるそばかす部分を目立たなくさせることができます。

ただし、ファンデーションは厚化粧の原因になることが多いため、塗り過ぎには気をつけるようにしましょう。

クリームタイプは、ファンデーションを塗ったあとからコンシーラーを塗ることでカバーできます。

なので、そばかすを無理にファンデーションだけで隠そうとする必要はありません。

コンシーラーによる色ムラが気になる場合は、フェイスパウダーを最後の仕上げとして使うと色ムラを抑えることができます。

コントロールカラーを使ってより自然なメイクに

全体の色ムラをなくして、よりナチュラルなメイクをしたい!という方は、ファンデーションを塗る前にコントロールカラーを使いましょう。

そばかす以外にも、ニキビの跡やクマ、シミなどもカバーすることができます。

肌の悩みをまとめて解決したい方におすすめです。

コントロールカラーにはイエローやグリーンなど様々な色があり、それぞれ効果も違います。

そばかすを目立たなくしたい場合は、ピンクのコントロールカラーが合っています。

ピンクには血色の良い肌を演出し、表情全体を明るい印象してくれる効果があります。

コントロールカラーは、全体用として使うこともできます。

また硬めのテクスチャーのものを使うことで、そばかすなどの気になる部分だけに部分的に塗ることもできます。

化粧くずれを防ぎ、ファンデーションの色味をサポートする効果もあるコントロールカラー。

しかし、塗る量が多すぎると逆効果となることがあるため、手やスポンジを使って少量ずつ調節して塗っていくことが大切です。

コンシーラー選びは必要な範囲に応じて

コンシーラーは、シミ・そばかすやホクロといった部分を隠すことのできる便利なアイテムです。

コントロールカラーやファンデーションでは隠せなかった濃いそばかすも、コンシーラーを塗ることで隠せるようになります。

コンシーラーは、ご自身の肌の色やそばかすの濃さ、使う範囲に合わせて選ぶ必要があります。

スティックタイプのコンシーラーは、濃いそばかすにもしっかりと対応することができます。

しかし、広い範囲にあるそばかすをすべて隠すためには時間がかかってしまいます。

そばかすのある部分が狭い場合にはスティックタイプ広い場合にはクリームタイプのコンシーラーを選ぶのがおすすめです。

クリームタイプのコンシーラーは、量を調節するのが難しく、厚くなると色ムラが目立つようになるため、肌に直接塗らないようにしてください。

使用するときはメイクブラシなどを使用して、少量ずつ肌に塗っていくことがポイントです。

コンシーラーで気になる部分をうまく隠せたあとは、コンシーラーを塗った部分の周りを指で叩いて、薄くぼかしていきます。

最後にフェイスパウダーを使って仕上げれば、色ムラを抑えることができるだけではなく、コンシーラーとファンデーションを肌に密着させることができるため、化粧持ちが良くなります。

メイクが不自然にならないための色選び

そばかすをうまくメイクで隠すことができても、不自然な仕上がりになってしまっては台無しです。

そばかすを隠すだけではなく、白くてキレイな肌を目指している方はできるだけ明るい色のファンデーションを選びたくなるかもしれません。

でも、肌の色よりも明るい色のファンデーションは厚化粧になりやすく、メイクの時間も長くなってしまいます。

自然な印象をつくり出すためにも、ファンデーションは自分の肌の色に近いものを選ぶようにしましょう。

コンシーラーの色は自分の肌やファンデーションの色に近いもの、もしくは少し暗めの色を選ぶことで色のムラを抑えることができます。

場所や環境によってメイクの印象は変わってきます。

自然な印象のメイクにこだわりたいときは、いくつかの種類のコンシーラーを用意しておくと良いでしょう。

コンシーラーの色を目や眉毛、鼻の周りなど部分ごとに使いわけることができれば、顔の影を薄くすることができます。

まとめ

ファンデーションやコンシーラーを使ったメイクでそばかすを目立たなくさせる方法を紹介してきました。

肌が汚く見えたり、老けて見られたり、そばかすは多くの人が抱えている悩みです。

しかし、決して諦める必要はありません。

無理に厚塗りをして、そばかすを完全に上塗りしようするのではなく、自分に合った色とタイプのファンデーションやコンシーラーを使用して、自然なメイクでそばかすを隠すことが大切です。

肌の色やそばかすの濃さは人によって様々なので、色々試してみて、まずは自分に合ったアイテムを探してみましょう。

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-シミ改善大特集

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.