あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト

悩みを解消できる対策法を紹介します!

 

日焼け予防から始めよう!日焼け後のケアでシミ・そばかすを防ぐ!

更新日:

初夏はお出かけしたくなる時期ですね。

家族そろって外で過ごす機会が増えますよね。

でも、4~5月は紫外線量が増え始める時期なんです。

この紫外線は肌にとっては大敵です。

しっかり対策しないとシワ、シミ・そばかすの原因になります。

今は目立ってなくても紫外線の蓄積によって、シミやそばかすが濃くなってしまいます。

 
肌を紫外線から守るためにも日焼け対策が重要です。

4~5月の紫外線(UVA)は、肌の奥深くまで届きます。

外出するときは肌を守るために日焼け対策が必須です。

肌を焼かないための対策、日焼け後のケアがとても大切です。

この記事では、日焼けしないための対策と日焼け後のスキンケアについてまとめました。

スポンサーリンク

日焼けとは

日焼けは、紫外線が皮膚にあたることによっておこる皮膚の反応です。

日焼けした肌は、その状態によってサンバーンとサンタンと呼ばれます。

  • サンバーン:太陽の下で長時間いて、その日のうちに肌が赤くはれる状態
  • サンタン:1週間前後で赤みが消え、肌が茶色い色になった状態

このサンバーンとサンタンは、紫外線の中のUVBとUVAが原因です。

UVBとUVAでは肌への影響が違います。

  • UVB:レジャー紫外線と呼ばれ、表皮(皮膚の浅い部分)までしか到達しない。サンバーンを引き起こす。
  • UVA:生活紫外線と呼ばれ、真皮(皮膚の深い部分)に到達し、サンタンを引き起こす。

UVB、UVAどちらの紫外線にも対策が必要なのです。

日焼けの影響

ちょっとした日焼けでも長い間何回も繰り返していると、肌に大きな影響を与えます。

顔、うなじ、手の甲などいつも紫外線に当たっている皮膚は、その色が変わっていきます。

肌のハリも無くなり、しわも増えます。

日焼けによって、皮膚が老化してしまうのです。

日焼けには個人差がある

日焼けの程度にも個人差があり、3タイプに分かれます。

タイプ1(色白) 赤くなりやすいが、色がつきにくい人
タイプ2(普通) 普通に赤くなって、普通に色がつく人
タイプ3(色黒) 赤くなりにくが、色が落ちにくい人

この3タイプの中で、一番少ない紫外線量で日焼けをしてしまうのがタイプ1になります。

タイプ3と比べて、サンバーンの状態になるのに必要な紫外線量が1.4倍違います。

色白の人は、日焼け対策を入念に行う必要があります。

スポンサーリンク

日焼けしないための紫外線対策

紫外線から肌を守るために、日焼けしないためのスキンケアが大切です。

その方法は3つです。

  • 長時間日光に当たらない
  • 物理的な日光を防ぐ
  • 日焼け止めを塗る

当たり前に思えてしまうようなことですが、とても重要です。

 

長時間日光に当たらない

日本での紫外線量は、北より南の方が多いです。

沖縄の1日の紫外線量は、北海道の約2倍とされています。

年間では6~7月が紫外線量のピークになります。

1日のなかでは正午の前後1時間が紫外線量の多くなる時間帯です。

少しでも日焼けしないために、時期や時間帯に気に掛けましょう。

 

物理的な日光を防ぐ

スポーツや長時間のお出かけの場合は、帽子をかぶったり、日傘をさします。

最近では紫外線を防ぐ生地を使用した衣服があるのでおすすめです。

 

日焼け止めを塗る

紫外線をブロックするのに日焼け止めは効果的です。

日焼け止めは、汗などで落ちてしまうのでまめに塗りなおすと効果が持続します。

日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方のポイントは、2つの数値を目安にします。

  • SPF(サンプロテクションファクター)
  • PA(プロテクショングレイドオブUVA)

SPFは、UVB(紫外線B波)による日焼け(サンバーン)を遅らせる効果を持っています。

日焼けする時間には、個人差があります。

この時間を遅らせることで日焼けを防止します。

例えば・・・

日本人は平均20分で肌が赤くなります。

日焼けまで20分かかる人に、SPF30の日焼け止めを塗った場合

20分×30倍=600分(10時間)

となります。

SPF30の日焼け止めを塗ると、600分は紫外線を防ぐ効果が得られます。

SPFは、日焼け止めを塗って肌が赤くなるのにかかる時間が、塗らなかったときの何倍の時間かを示しています。

SPF1→ 日焼けまで20分

SPF30→ 日焼けまで600分(10時間)

SPF50→ 日焼けまで1000分(16時間)

 
PAは、UVA(紫外線A波)による日焼け(サンタン)を防止ます。

PAは、PA+~PA++++までの4段階です。

PA++++が、最も効果が高いです。

大人の場合は、紫外線防止効果の強さを示すSPFやPAの数値を重視して選んで問題ありません。

子どもは、大人に比べて皮膚が薄いので大人用では刺激が強すぎます。

低刺激な日焼け止めを選んであげましょう。

スポンサーリンク

子ども用の日焼け止めの選び方

子ども用の日焼け止めは、肌への刺激が少ないものを選んであげましょう。

紫外線をカットする成分は、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類あります。

肌への負担は、紫外線吸収剤を含むほうが大きいとされています。

選ぶときは、紫外線吸収剤の含まれていないものを選んでいきます。

よく使われる紫外線吸収剤の種類
  • メトキシケイヒ酸オクチル
  • ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • オクチルトリアゾン
  • パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル

 
紫外線吸収剤は、化学原料のため刺激が強いです。

かぶれを引き起こす原因になります。

日焼け止めが口に入ってしまうケースも考えられます。

そういった場合にも身体に悪影響が及ばないように、天然成分で作られた無添加の日焼け止めを選ぶことがおすすめです。

子ども用の日焼け止めおすすめ

肌の弱い子どもの場合には、SPFやPAの数値が高すぎないものを選ぶことが重要です。

SPF:10〜30

PA:PA+〜++

無香料で無着色の物を選ぶことでより肌への負担も軽くなります。

不安な場合には肌に塗る前にパッチテストを行なうことで安心して使用できます。

簡単に綺麗に落とせるかも、選ぶ際に重視したいポイントです。

ルバンシュ エポカル家族でうるおいUVケア

SPF16・PA++

ルバンシュ エポカル家族でうるおいUVケア

パックスベビー UVクリーム

SPF17・PA++

パックスベビー UVクリーム

ユースキンS ユースキンS UVミルク

SPF25・PA++

ユースキンS ユースキンS UVミルク

小さい頃から紫外線対策は重要です。

子どもの肌は薄く、紫外線のダメージをとても受けやすいです。

この時期からダメージを受け続けていると、成人になったときにシミやそばかすなど肌トラブルが出てしまう恐れがあります。

紫外線のダメージを与えずに日光のもとで遊ばせてあげるためには、日焼け止めで適切に紫外線対策を行うことが必要不可欠です。

メンズ専用の日焼け止め

メンズも日焼け止めは必要!おすすめは汗に強いタイプ!

男だし日焼け止めなんて必要ないでしょ。

そんなことはありません。

肌のトラブルは老若男女同じです。

メンズの場合は、日焼けによってニキビがひどくなることがあります。

なぜか?

紫外線を浴びると活性酵素というものを生み出します。

活性酵素は一定量であれば、肌には無害なものです。

しかし、紫外線を浴び過ぎて活性酵素の量が増えてしまうと、肌細胞に悪影響を及ぼします。

活性酵素はニキビの皮脂に反応し、毛穴を詰まらせるんです。

そして、詰まった毛穴が炎症を起こし、ニキビが増えてしまいます。

 
また、いまあるニキビを悪化させる原因にもなります。

活性酵素を増やさないためにも日焼け止めは必要なんです。

ニベアフォーメン UVプロテクター
ニベアフォーメン UVプロテクター

UL・OS(ウル・オス) 日やけ止め50
UL・OS(ウル・オス)日やけ止め50

長時間日焼け止めの効果が持続し、水や汗に強い日焼け止めはこの2つです。

バーベキューや海はもちろん、野外フェスの時におすすめです。

屋外にいると皮脂や汗が出ます。

そのため、塗った日焼け止めも皮脂や汗に流されてしまいます。

2時間置きにこまめに塗ることで、紫外線を防ぐ効果が高められます。

紫外線を防ぐ日傘の効果

日傘も日焼け対策に効果的です。

日焼け止めと合わせて使いたい紫外線対策グッズです。

日傘はどれくらい紫外線をブロックできるのでしょうか。

日傘の効果を決める基準は?

太陽光には、波長の違いにより可視光線や紫外線、赤外線に分けられます。

日傘を購入する際、注目してほしいのが遮光率とUVカット率です。

 
遮光率は、可視光線のカット率のことです。

可視光線は目に見える光で、明るいとか暗いとかは可視光線の影響です。

遮光率が高いということは、太陽光を完全シャットアウトしてくれるということです。

それによって、日傘の下が木陰のようになります。

日傘をさすことで、涼しさを感じることができます。

遮光率は、日よけ効果の目安になります。

炎天下の暑さを和らげたい時は、遮光率の高い日傘を選びましょう。

 
しかし、遮光率が高いからといって紫外線をカット出来ているわけではありません。

日焼けやシミを引き起こす紫外線をブロックしたいなら、遮光率よりもUVカット率を参考にします。

UVカット率は、紫外線のカット率です。

日焼けを防止したい場合は、UVカット率が高い日傘を選びましょう。

最近では、UVカット率99.9%や100%の日傘も多くあります。

傘の生地は厚みがあるものや、二重のものが効果が高いです。

日傘を選ぶ基準は、遮光率とUVカット率が重要です。

  • 遮光率は暑さを和らげる効果の目安
  • UVカット率は、日焼け防止効果の目安

初夏の強い紫外線が気になる方は、UVカット率が高い日傘を選びましょう。

夏になり、暑さもしのぎたい場合や、光過敏症(日光アレルギー)など日差しが気になる場合は、UVカット率+遮光率が高い日傘がおすすめです。

また、曇りの日も紫外線を浴びています。

日差しの強い日だけでなく、曇りの日も日傘を差しましょう。

日傘の寿命はどれくらい?

日傘の寿命は、とても短いです。

早いもので1年、長いものでも3年が寿命の目安です。

日傘の手入れ方法としては、乾燥させ、暗い所で保管することが大切です。

また、定期的にUVスプレーを日傘に吹きかけるのもいいです。

手入れをしっかりした場合でも、2~3年で新しいものに買い替えましょう。

もちろん生地の損傷が見られるものは、遮光率やUVカット率の効果はほとんどなくなりますので、すぐに買い替えましょう。

日傘では防げない地面からの照り返し

日傘があれば紫外線対策はバッチリ!

しかし、実はそうではありません。

確かに日傘で上からの紫外線をブロックできますが、地面からの照り返しを防ぐことはできません。

太陽光は、舗装した道路で10%も反射します。

そのため、紫外線対策には日傘だけでは不十分となりますので、日焼け止めや手袋などの対策を併せて行いましょう。

スポンサーリンク

日焼け後のケア

紫外線で焼けた肌は、軽い火傷をしたのと同じ状態です。

肌の表面が赤くなり、ヒリヒリと痛みを感じた場合はすぐに冷やして応急処置をしましょう。

コールドクリームやローションなど冷却作用をもつ化粧品で冷やす方法もおすすめです。

ただし、氷やアイスノンなどで冷やしすぎないように!

シャワーはぬるま湯で、入浴や飲酒は炎症が悪化する可能性があるので控えましょう。

 
また、顔のスキンケアは大切です。

日焼け後のケアを間違うと、シワやシミ・そばかすができやすくなるので正しいお手入れが必要です。

日焼け後のお手入れ方法

  • 1.冷やす
    まずは冷やしたタオルで顔全体をおおい、ほてりをとります。繰り返し冷やすことが大事です。
  • 2.洗顔
    石鹸は使わず、水で顔をたたくように洗います。強くこすると炎症が悪化します。
  • 3.化粧
    数日間は、肌が落ちつくまで化粧品は一切使わない。
  • 4.水分補給
    日焼け後の肌は水分を失い、小じわができやすい状態です。数日たって肌が落ちついたら、刺激の少ない化粧水や乳液で肌に水分補給する。

まとめ

日焼けは、太陽から受ける紫外線UVBとUVAが原因でおこる皮膚の炎症です。

ひどい日焼けの場合は、ヤケドと同じ状態にもなります。

この日焼けを防ぐためには3つのポイントが大切です。

  • 長時間日光に当たらない
  • 物理的な日光を防ぐ
  • 日焼け止めを塗る

そして、日焼け後はしっかりとスキンケアをする必要があります。

若いうちは代謝がいいので、肌の生まれ変わるサイクルが早く、肌の変化が見えづらいです。

しかし、10年後、20年後では大きく違ってきます。

なにも対策をしないで日焼けを続けると、光老化という皮膚の状態になってしまいます。

そうなると肌のうるおいやハリがなくなり、シワやシミが増えていきます。

 
紫外線は、夏のイメージが強いです。

しかし、5月、6月の紫外線量も夏とさほど変わらないのです。

夏が最も多いという思い込みがあるため、5月に紫外線対策をとらない人が多いです。

曇りの日も紫外線は浴びています。

紫外線は窓やカーテンを通り抜けるため、室内にいてもダメージを受けるんです。

紫外線の蓄積でシワたるみシミのトリプルパンチがあたなの肌に襲いかかってきます。

それを防ぐためにもお出かけ前の日焼け対策と、日焼け後のケアが大切です。

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-シミ改善大特集

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.