あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト

悩みを解消できる対策法を紹介します!

 

読書感想文の書き方で押さえておくべきポイント【中学生編】

更新日:

読書感想文と聞いただけでどうも苦手。

そもそも本を読むのが苦手、という人も多いかもしれません。

読書感想文は、夏休みの宿題に必ず出るのに書き方は教えてくれない。

今回は、読書感想文の感想文の書き方を伝授します。

決して難しくないので、是非チャレンジしてください。

スポンサーリンク

書きやすい本を選ぶこと

どんな本を選ぶかによって、感想文の書きやすさは全く変わってきます。

 
中学生だから、やさしすぎる本ではいけない。と思いがちです。

しかし、難しい本を選ぶほうが読書感想文を書くときに大変です。

筆者の主張を汲み取ることができず、書きづらくなってしまいます。

 
まずは、短い内容で何かしらの教訓が含まれている作品を選ぶことがポイントです。

例えば、イソップ物語がおすすめです。

本に出てくる教訓を自分の生活とリンクさせると、書きやすくなります。

本の最初と最後がポイント

読書感想文を書くときにはコツがあります。

全部読み終わったら、本の「はじめに」「おわりに」の文章を読み返すことです。

 
筆者は最初最後に一番主張したいことをもってきます。

ほとんどの場合、その部分にしっかりと要約されています。

その内容をもとにして、本を読んで自分が感じたこと、思ったこと、疑問を抱いたことなどを加えて、内容を膨らませると書きやすくなります。

読書感想文を書くことは良いこと

読書感想文は、慣れないうちは時間がかかり、文章を作るのも大変に思えるかもしれません。

でも、慣れてくるとどんどんスピードも上がってきます。

もし読んだ本が難しく、書きにくいようなら、感想文を書きやすい別の本に変えて書くようにしましょう。

感想文を書くことで、本の内容に対する理解が深まり、表現力もどんどん豊かになっていきます。

読書の楽しさや文章を書くことの楽しさを知ることは、人生を豊かに過ごすためにも素晴らしいことです。

中学生の読書感想文におすすめの本

中学生ともなると、ずいぶんレベルの高い読書感想文も見られるようになります。

感想文を書く本は、やはり楽しく読み進められるストーリーのものがよいでしょう。

読みやすい本とは?

読書感動文を書くためには、その本を読んでどんな感動や驚きが得られたのかという点がポイントとなります。

つまらない話であれば、感想文を書くこともままなりません。

ストーリーにのめり込めなければ、読み終えることさえ難しくなる場合もあります。

ですから、まず自分の好きな話の傾向を把握することが大切になります。

中学生におすすめの話

中学生くらいになると、だんだんと「自分さがし」に興味を抱くようになるものです。

自分と友達の違いに気づいたり、好きな人ができて異性を強く意識したりするのもこの年齢ではないでしょうか。

ですから、ちょっとした恋愛の話が織り込まれている本なら、楽しく興味を持って読み進めることができます。

読書感想文にまとめる前に

私も中学の頃、読書感想文にはとても苦労しました。

しかし、あることをきっかけにスラスラ読書感想文が書けるようになりました。

それは、読書感想文コンクールの受賞作文を読んだからです。

受賞作文をいくつか読んで思ったことは、その本を読んで連想した自分の身の回りで起きたことを書けばいいんだなって思うようになりました。

そして、入選する読書感想文の書き方が分かったから、その書き方にシフトしていき、実際に色々賞を貰いました。

読書感想文で大切なポイントは、『賞を獲るような上手い感想文をいくつか読んで型を真似る』

青少年読書感想文全国コンクール

実際に読書感想文にまとめる

気に入った本が見付かり、その話を読み進められれば、あとは読破して感想文を書くだけです。

話をどのように理解したのか、自分が何を学び取ったのか、また何を感じたのかといったポイントに集中することで、きちんとしたまとまりのある感想文を書くことができます。

書き終えたら、友達や親にその感想文を読んでもらってもいいでしょう。

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-仕事・勉強

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.