LINEの浮気を見破る方法!浮気を疑う3つのポイント

更新日:

スポンサーリンク

 

ベッキーの不倫騒動でクローンLINEが有名になりましたよね。
古い端末を使いクローンを作成し、相手のやりとりをのぞき見るという手間がかかるやり方でした。

最近はネットが普及して、ネットを使った浮気が増えています。
その中でもLINEが浮気を始めるきっかけとなっています。

手軽にやり取りが行えるLINEでは、電話番号をスマホに登録しておくだけでLINEの友達追加が表示されます。
今まで付き合いがなかった相手でも、懐かしさでついメッセージを送ってしまい、そして浮気へと発展してしまう。

 
最近、パートナーがスマホを熱心に見ていませんか?
 

LINEは、隠れて連絡を取り合う手段としてとても便利であることは間違いありません。
それゆえに浮気の温床となっています。

でもLINEは簡単な方法で、浮気を見破ることができます。
今回紹介するポイントを押さえれば、浮気の証拠が簡単に見つかります。

スポンサーリンク

 

LINEで浮気を見つける方法

この記事を書くためにLINEがきっかけで浮気を発見した人にアンケートしました。
アンケート結果からリアルなLINE浮気を見つける方法を紹介します。

LINEのやり取りから浮気発見

アンケートの中で一番多かった方法は、相手のトーク履歴を確認するという方法でした。
どうのようにLINEトークを確認したのか詳しく聞いてみました。

 

  • 私は、恋人に対して「LINEのやり取りを見せて欲しい」とダイレクトに言います。

    やましいことがなければ見せくれるはず。
    断れれば、それは暗にやましいことがあることになります。

    そのあとは取るべき手段というものも見えてきます。
    断った理由を問い詰め、相手にプレッシャーをかけます。
    最終的には自身の非を認める、浮気の証拠をつかむことができます。

  • 私が浮気を発見したのは「恋人と別の異性とのやり取りを確認できたから」です。

    LINEを定期的にチェックする習慣ができていて、そのときに偶然やり取りを確認しました。
    明らかに浮気の証拠だったので、本人に提示したところ認めました。

  • 私は、相手が寝ているときに指紋認証を解除しました。

    最近はメールよりもLINEで会話する人が多くなっているので、指紋認証やパスワードさえ解ければ、容易に会話を覗くことが出来ちゃいます。

    当然、警戒されている場合や、目覚めの良い人が相手だと難しいかもしれませんが、パスワードロックをしている人ほど、証拠をそのままにしていることが多いと感じています。

いつもと違う行動に気づいた

 

  • 最近ちょっと怪しいなと思う行動があります。
    いままでスマホ画面が傷がつくのを嫌がって上向きにおいていたのに、急に下向きにスマホを置き始めたことです。

    LINEはメッセージが届くと画面が消えていても誰から届いたか表示されます。
    それを見られたくないのかなと思っています。

    しばらく様子を見て、怪しいと思ったら誰からメッセージが届いたのか詳しく追及したいと思います。
    浮気じゃなかったら言えるはずだし、普通に友達なら見られたって平気なはず。

  • 夫のことは信頼していましたが、まさか浮気されているとは思いませんでした。
    私が浮気を見破った方法は、LINEの通知音をいつしか鳴らなくしていたことでした。

    それからもしかすると浮気なのでは、と感じたはじめました。
    わざわざ音を鳴らさないということは、何かあると感じていたので、こっそり見てみるとビンゴでした。

    知らない女と親しげなやり取りしていたので、間違いないと思い様子を見ていました。
    しばらくすると決定的な内容のLINEが送られてきたので決定打になりました。

  • 私は、旦那がちょうど仕事を終わるタイミングでメッセージします。
    それから1時間ごとにメッセージを送ります。
    マメな性格で、頻繁にメッセージを返してくれるので変化があったらすぐにわかります。

    なにかおかしな点があったら、帰ってきたあとで服をチェックします。
    異性のニオイがついていたら、浮気だと確信します。

    相手の性格にもよりますが、普段はLINEを送っても嫌がらない人が、急に嫌がるようになったら、なにか変化があったということです。

相手・第三者になりすましLINE

 

  • 浮気を見つけた方法は「第三者になりすまして友達として登録する」です。

    第三者という認識なので込み入った話をすることができ、その流れで証拠となるやり取りが手に入れば一網打尽です。

  • 私が浮気を見破った方法は、彼氏がLINEをやりながら寝てしまったときに彼になりすまして「今度いつ会える?」という風に送ることです。
    甘い言葉が返ってきたり、仕事だと思っていたときに会っていたことが分かれば浮気確定。

    あと絵文字もハートなどを使っていると怪しく思います。
    普段からスマホをいつも手放さないようにしてコソコソしている様子で隠し事をしているなというのが十分伝わってきます。

  • 私は、相手の友達とのトークから浮気を見つけました。
    怪しい名前の人は一切いなくて、全員フルネームで登録してありました。

    LINEの登録件数も多く、一人一人を探すのは難しく、相手の同性の友人であれば浮気相手を知っている可能性は高いと思い、会話の中からそれらしいトークがないか探しました。

    その結果、合コンに足を運んでいたことや、合コンで出会った女と浮気していることが普通に書かれていました。
    浮気相手とのトークを探すより簡単でした。

LINE浮気を疑う3つのポイント

LINEは、メールアドレスを交換するよりも気楽にLINE IDを交換しあえます。
そういった連絡先の交換のしやすさが、浮気のハードルを低くしてしまっているのです。

LINEは個人個人で登録することも多いですが、ほとんどはグループ登録が多いと思います。
少し話して仲良くなっただけの相手とLINEを交換しようと言われて、すぐに交換するという人が多くいます。
こうした連絡先の交換のしやすさが、LINEが浮気にもってこいのツールになってしまうのです。

 
あなたのパートナーも、もしかすると・・・
浮気相手不倫相手とLINEでやりとりしている可能性があります。
そんな疑わしい証拠があがるタイミングがあります。

アンケート結果でもLINEのトーク内容から浮気を発見、浮気の証拠が見つかったケースがありました。

浮気を疑っているなら、LINEさえ調べてしまえば浮気をしているかどうか大体判断できます。

ただし確実に浮気が疑われる場合のみ、チェックすることをおすすめします。
万が一シロだった場合は、責められることを覚悟しておきましょう。

スマホのポップアップ画面をチェック

LINEのデフォルトの通知設定では、ポップアップ表示はオンです。

LINEからのメッセージが来たとき、スマホのポップアップ画面に文章の一部が表示されます。
何かしらの理由が無い限り、設定は変更しませんよね。

パートナーにLINEを送ったとき、ポップアップが表示されなかった怪しいです。

 
通知表示をオフにしている理由を聞いてみましょう。
 

長いメッセージなら全文を読むことはできませんが、一部だけでも相手とのやり取りを把握することができます。
この機能があるため、浮気をしている人のほとんどがスマホの画面を下にして置きます。

小さくても怪しい行動を見逃さないようにしておきましょう。
ポップアップ機能の設定をオフにしている場合は画面にメッセージが表示されないので確認することができません。

LINEのロック確認

スマホ自体にもロック機能がついていますが、LINEにもロック機能があります。

浮気をしている本人からすれば、スマホのロックが開けられたとしても、LINEのロックがかかっているので一安心。
LINEにロックがかけられているなら浮気していることはほぼ確定かもしれませんよ。

ロックなしなら履歴を確認

このとき気をつけることは、新規のメッセージは見ないということです。

新規のメッセージを見てしまうと、パートナーにスマホを見たことが知られてしまい、関係が悪化する可能性があります。
そのため、確認しておくポイントは、新規メッセージの来ていない人たちとの会話や、どんな名前が乗っているかどうかです。

警戒心のない人の場合、浮気相手の名前をそのまま乗せているので特定もしやすくなっています。
また、仲のいい友人との会話などにも目を通すと、浮気相手との関係について話していることもあります。

手がかりとなるメッセージが残っていることがあるので、確認しておくようにしましょう。
とくに女性の場合は浮気相手との事を女友達に話すという人も多いので、浮気をしているという事実を見つけることもできます。

時間が足りず、LINEの中身をあまり確認できなかったという人は▽のようなマークをタップして、トーク設定という項目を選びましょう。
そうすると、トーク履歴を送信するという項目がでるので、トーク内容を自分のスマホへと送信すれば、時間が空いた時にゆっくり履歴の確認をすることができます。
 

LINEにはいくつもの設定があるので浮気しているかどうかを確かめるためにも設定のチェックを怠ってはいけません。

LINEでは、個別で通知設定を変えることができるようになっています。
普段からメッセージが頻繁に送られてくるから通知をオフにしている場合もありますが、特定の相手の通知をオフにしている場合は確認しておいたほうがいいでしょう。

これを確認するには、一つ一つの個別トークを見ていかないといけないので時間もかかり面倒ですが、パートナーの友人などのトークから手がかりを見つけて、怪しいと思った人物のトークを確認するだけでも効果があります。

LINE浮気がバレるタイミング

LINEの誤送信で浮気発覚

LINEの特徴は、

  • すべてのやりとりが可視化される
  • 通知機能などの速報性がある

この特徴が浮気を見つける大きなポイントになります。

LINE誤送信

もっとも浮気の証拠が出やすいのが誤送信です。

アンケート結果の中にもこんな経験が、

仕事中に彼女からのLINEがきました。
確認してみるとハートのスタンプでした。
付き合って3年半でしたが最近はマンネリ気味で、スタンプなんかほとんど送ってきたことはありませんでした。
変だなと思い問いただしてみると浮気相手に送ろうとして間違って送ってしまったようです。
すぐに別れてしまいましたが、相手の誤送信により浮気を発覚した実体験です。

 
普段使わない言葉や、いつもと系統が違うスタンプが送られてきたら、とりあえずスクリーンショットを撮りましょう。
いまはメッセージの削除機能があるので削除されてしまうので注意が必要です。

不自然な文面が送られて来たら、怪しいと思って証拠を探し始めましょう。
パートナーにスマホの提出を求めたり、カマをかけてみてるのもアリです。

LINEスタンプ

LINEで使えるさまざまなスタンプ。
これは使う人によって好みが出て来るものです。
スタンプの使い方によって浮気の確認をするということもできます。

浮気をすると、相手に合わせて好みのスタンプを使い始めるという人も増えてきます。
普段スタンプなどは使わない人がスタンプを購入しているという場合は、確認しておいて損はないです。

機種変更直後

スマホを機種変更した直後は、ロックがかかっていない場合が多いです。
普段ロックをかけているパートナーのLINEを見ることができます。

 

LINEで見つかる浮気の痕跡!

LINEには、浮気の痕跡を見つけられるポイントが隠されています。

Callの通話履歴

個別のトーク履歴から通話の記録を消しても、履歴が残っている場所があります。
それはCall画面です。
Callの画面を開くと、通話履歴を見ることができます。

スタンプショップのプレゼント履歴

普段使わないスタンプを突然使いだしたら、違和感を覚える人がいると思います。
そんなときは、スタンプショップのプレゼント履歴を見てみましょう。
プレゼントしたスタンプや、プレゼントされたスタンプの履歴が残っています。

特定の相手から頻繁にプレゼントされたり、したりしていると浮気の可能性大です。

LINE MUSICの楽曲シェア

これもスタンプと同じです。
趣味とは違う楽曲を特定の相手とばかりシェアしていれば、疑いのきっかけになります。

 

ここまでするか隠ぺい工作

重要なやり取りは、浮気相手との秘密のルートでLINEは業務連絡のみ。
LINEではなく、会社のパソコンを利用してフリーメールで待ち合わせなどの重要な連絡する場合もあります。

LINEではメールに連絡を入れたことを報告をして終わるという簡潔なメッセージを残すだけ。
こうしたトーク内容だと、業務上の報告をしているだけと見られるので、浮気をしているという決定的な証拠にならず、素人相手には怪しまれることがありません。
そのため、浮気の発見も遅れてしまうことがあります。

LINEにはプロフィール画像という好きな写真を貼ることができるようになっています。

徹底して浮気を隠そうとする人は、浮気相手が女性の場合は男性の、浮気相手が男性の場合は女性の写真をプロフィール画像にするよう要求することがあります。
性別を偽ることで、異性とのやり取りをしていることを隠して、怪しまれないようにしている人もいます。

さらに浮気を徹底的に隠そうとしている人は、アカウントを複数持っていたり、スマホを2台持ち歩いたりしています。

スマホを複数持っていて、ひとつを浮気相手専用のスマホとして利用している場合、素人では浮気の証拠を見つけることができません。
LINEを確認しても、スマホが違うので浮気の証拠が出てくるはずがありません。
こうなると自分一人だけでパートナーの浮気を暴くというのは難しいです。

 

LINEだけでは証拠を掴みにくい

LINEで浮気の証拠を見つけようとしても、いざやってみると難しいことがほとんどです。

スマホはほとんどの人が肌身離さず持ち歩いているので、浮気の証拠となるものを見つけようとするだけでも困難に近いでしょう。
それでも浮気の証拠を見つけたいという場合には、探偵に依頼するようにしましょう。

いくらLINEで証拠を見つけても、それが決定的なものにならなければ、大抵の人はシラをきって逃げてしまいます。
そんなことにならないようにするには、決定的となる浮気の証拠を手に入れるしかありません。

決定的な浮気の証拠となるものは、パートナーと浮気相手が旅館などの宿泊施設を利用した際の写真。
あるいは浮気相手の家に入っていく時の写真や動画です。

浮気と不倫では違いがあります。

浮気と不倫の違いは関係性の期間や行為の有無で分かれる

スポンサーリンク   2015年に音楽バンド"ゲスの極み乙女"・川谷さんとタレントのベッキーさんの不倫が発覚し ...

浮気や不倫の証拠を素人が入手するというのは難しいので、調査のプロである探偵に依頼しましょう。
すぐに浮気なのか不倫なのかが分かります。

残念ながらLINEで手に入れた証拠は決定的な証拠としては扱われないため、探偵に依頼する時の参考データとして扱うようにしておきましょう。

探偵へ浮気調査の依頼をして証拠が見つかったときには、シラをきることはできないので、パートナーと浮気相手に慰謝料の請求などができるようになります。

LINEを確認して浮気が発覚しても、その後どうすればいいか分からないといった場合にはプロの探偵へ依頼をすることをおすすめします。
決定的な証拠を掴んでくれるため、浮気問題の解決にも一役かってくれますよ。

スマホで浮気の9割がバレる!?

LINEの浮気がバレた

 
LINEは浮気を後押ししてしまう機能がたくさんあります。

通話やビデオ通話が無料で使用することができるため、スマホの機種が違う相手とも簡単に通話をすることができます。
金額を気にせず話せる気軽さが、簡単に浮気をしてしまう要因かもしれません。

親密な関係になっていると、必然的にやりとりが増えてくるのでスマホを熱心に見ているという行動が増えます。
LINEの通知をオフにするという機能も入っています。
この機能で浮気相手からの通知が来たことを知らせる音、バイブも鳴ることなく画面にも通知されません。

LINEに登録されている人の名前も、自分で表示を変えることができます。
浮気相手の名前を本名とは違う名前で登録することも簡単です。
だから他の人が見ても、誰のことかわかりません。

チャットに残っているトークも非表示にして見えなくすることもできます。
これまで浮気相手と話し合ったチャットの履歴をすべて削除することも可能です。
浮気の証拠を残さないという点でも、LINEは便利なものとなってしまっています。

こういった機能がLINEを浮気に利用できる便利ツールにしてしまっている原因かもしれません。

ただ浮気調査の専門家によると、浮気がバレるきっかけはスマホからが多いそうです。

LINEに限らず、スマホがきっかけでパートナーに疑いを持つ人が9割もいるそうです。

 
昔は、通話履歴やメールの本文を消去されてしまえば、浮気の証拠が消えてしまいました。

しかし、今はLINE以外にもフェイスブックやインスタグラムなどのパーソナルSNSがあります。
浮気相手の名前が分れば、フェイスブックで検索できます。
いいね!されたインスタグラムの写真に、知らない異性が飼っているペットの目に移り込むパートナーの姿が写っていたりするかもしてません。

 
他にも位置情報を把握したり、スマホを遠隔操作するアプリで行動を監視する場合もあるとか。
スマホによって、浮気の証拠が簡単に手に入るようになりました。
この状況が良いことなのか、悪いことなのかは、当事者にならないと分からないかもしれません。

浮気・不倫の証拠に必要なことはこの記事でまとめました。

不貞行為の証拠なら自白
不貞行為の証拠はLINEではダメ?押さえるべきは自白か音声 or 動画

スポンサーリンク   不貞行為とはその名の通り夫婦の間柄でありながら、他の異性とセックス、肉体関係があれば不貞 ...

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-お役立ち情報

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.