あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト

悩みを解消できる対策法を紹介します!

 

疲れ・だるさを解消する3つの方法

更新日:

5月も終わり、新しい環境や人間関係にも慣れてきたころだと思います。

ただ、気づいていないところで“心”に負荷がかかっているかもしれません。

最近疲れやすく、ひと晩ぐっすり寝ても疲れが取れないってことはないですか?

朝から疲れを感じ、体が重くだるい。

動きたくなくて、ぼーっとしてしまうことはありませんか。

今回は、疲れ・だるさを改善する方法やサプリメントを紹介します。

スポンサーリンク

どんな症状?

疲れやだるさは、なんだかいつも疲れている。

だるい、全身が重たくて力が入らないなど、日常的に倦怠感を感じている状態です。

普通なら、少し休んだり、ひと晩寝たりすれば回復するものです。

しかし、回復しないうちに活動することで疲労物質がどんどん蓄積してきます。

それが、慢性的な疲れやだるさを引き起こします。

疲れやだるさの原因

単純に疲れやだるさと言っても原因は様々です。

不規則な生活や睡眠時間が少なかったり、偏った食事を続けていると日常的にだるい状態になります。

また、仕事や人間関係のストレスが疲れとなって体に表れることもあります。

それ以外にも、食べ過ぎや水分不足なども倦怠感の原因になります。

予防方法は軽い運動

疲れているといって、ただ寝転がっているのは逆効果です。

疲れている時こそ運動がベストです。

本格的なジョギングなどではなく、ストレッチやウォーキングなどの軽い運動で問題ありません。

その他にもサウナや岩盤浴など、軽く汗をかいてリフレッシュできるものがおススメです。

疲れ・だるさ改善セルフケア

疲れやだるさを解消する方法として、3つの方法をご紹介します。

深呼吸で気分転換

忙しいと呼吸が浅くなりがちです。

よほど意識していないと深呼吸をする機会がないと思います。

腹筋を使って、ゆっくり息を吐き、ゆっくり息を吸う。

この動作を繰り返すことで、体のめぐりがよくなり体調が改善します。

また、精神的なストレスを和らげる効果も期待できます。

食事でケア

炭水化物や脂肪と違い、タンパク質やビタミンは不足しやすいです。

白米を玄米に替えるだけで栄養分がアップします。

また、こまめな水分補給もポイントです。

サプリメントで補給

バランスのよい食事がとれないときは、サプリメントに頼るのも手です。

一般的に疲労には、ビタミンB群やクエン酸が有効です。

私が使っているのは、チョコラBBです。

ほかに市販されている有名なサプリメントであれば、にんにく卵黄やキューピーコーワゴールド。

お手ごろな価格で続けやすいです。

クエン酸は、お酢やレモンに多く含まれています。

私は、リンゴ酢や黒酢を飲んでいます。

黒酢は、はちみつやドライフルーツを混ぜて甘くして飲んでいます。

それ以外にクエン酸のサプリメントもあります。

まとめ

疲れ・だるさ解消のための3つのポイント

軽い運動で代謝をアップ+リフレッシュします。

深呼吸で浅くなった呼吸を整え、気分転換と落ち着いた気持ちを作ります。

そして、サプリメントと食事で栄養素が偏らないように心がけます。

それでも、あまりにだるさが続く場合は、病気の可能性もあるので病院で検査してもらうほうが良いでしょう。

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-疲れ・だるさ

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.