足が臭い!洗ってもすぐにおいが!原因と対策を知ることでもう安心!

更新日:

スポンサーリンク

 

自分の足のにおいを不快に感じたことはありませんか?

私はあります。

本人が思っているのだから、周りの人は絶対気づいています。

日本人特有の遠慮の気持ちですね。

そんな遠慮はいらない!

クサいなら、臭い!と言ってほしい。

今回は、足の不快な臭いを消す方法をご紹介します。

ティノン

洗っても足の臭いが消えない!

毎日お風呂に入っています。

もちろん、足も念入りに洗ています。
 
でも、

足が臭い

と悩んでいました。
 
もちろん、洗った直後は臭わないんです。

しばらく時間が経つと“ぷ~ん”と鼻に・・・。

 

きっと周囲の人は気分を害している↓↓

この臭い一体、どうしたらいいのでしょうか。

足が臭う原因

足の臭いの原因は、【汗と皮脂&垢+常在菌】です。

 

汗自体は、無臭です。

しかし、湿気が多い状態や、足を濡れたままにしておくことで汗や皮脂、垢が分解されます。

このとき一緒に増殖、分解されるのが常在菌です。

この常在菌が、汗や皮脂とともに分解されることで、臭い成分が発生します。

 

ですので、この皮脂や垢を取り、常在菌の増殖と分解を抑えることで対策は十分可能です。

足が臭わなくする対策

原因となる皮脂や垢を取り除いたり、常在菌の増殖するのを抑えることがポイントになります。

この3つ手順で臭い対策をしていきましょう。
 

  • しっかり洗う
  • 靴や靴下を複数用意する
  • 消臭スプレーや除菌スプレーやクリームを活用する

しっかりと洗う

基本的に足をしっかり洗うということが重要です。

 

体を洗うボディタオルで簡単に洗うだけで済ませていませんか?

指の間や爪は垢が溜まりやすくて、それを丁寧に取り除くだけでも違ってきます。

 

なので指の間や爪を意識して、

  • ボディーソープで洗う
  • 指を使い洗う
  • ドライヤーなどで入念に乾かす

という感じで洗っていきましょう。

お風呂で落としきれなかった古い角質を綺麗に落とします。

ベビーフット イージーパック 60分タイプ Mサイズ 35ml

雑菌はジメジメした湿気を好むので、しっかり乾かすことも重要です。

時間が経てば、経つほど雑菌が増殖していくので、お風呂上りにすぐ乾かすようにしましょう。

靴を複数用意する

毎日長い時間、同じ靴を履いていると臭ってきますよね(笑)

仕事用の靴は、もう1足~2足と複数用意しておいて、毎日違う靴を履くようにすると臭いが残りにくくなります。

 

その日に履いていた靴は、消臭スプレーや除菌スプレーなどをして乾かしておく。

それを繰り返すことで毎日フレッシュな靴を履くわけです。

 

部屋の中で履くスリッパも同様に複数用意しておくといいです。

お風呂上りなど足が完全に乾いてない状態で履くと、雑菌が繁殖してスリッパも臭くなります(笑)

 

洗面台で洗顔や歯磨きなどをする時にも、水滴がスリッパにかかったりするので、結構臭いの元になるんですよね。

そういう理由でスリッパも複数用意しておくといいと思います。

替えの靴下を用意しておく

靴を履いてる時間が長いと、靴下からも臭いがします。

学校や仕事場でも休憩はあると思うので、その休憩時間に“ササッと”履き替えて下さい。

ちょうど中間くらいの時間帯になると思うのでベストな時間だと思います。

靴下も消臭効果の高いものを使用します。

消臭スプレーや除菌スプレーやクリームを活用する

それでも気になるという方は、消臭スプレーや除菌スプレーやクリームを活用するという方法もあります。

様々な種類のものが販売されているので、いくつか試してみて自分に合ったものを使用すればいいと思います。

直接足にすることで臭いを抑えることができるので、即効性があります!

足のニオイを抑える 「今までにないクリーム」

ティノン

足のニオイ対策に特化したクリーム「ティノン

ずっと足のニオイで悩んでいた人も爽やかな生活に変える手助けをしてくれます。

余計なストレスが解消され、前向きな気持ちに

まとめ

足の臭いがひどいと相手が不愉快な思いをするので恥ずかしいですよね。

  • 臭いの元を断つようにお風呂で入念に洗う
  • 靴や靴下を複数用意しておく
  • 消臭スプレーや除菌スプレーやクリームなどを活用する

単純と言えば単純ですが、何も特別なことをしなくても気になる臭いは抑えられると思います。

ただ、あまりにも完璧に消臭しようと思って気にしすぎると、過剰な行動になったりして悪循環にハマってしまう恐れがあります。
 
「人間なので多少の臭いは誰にでもある」

とある程度は開き直るのも必要なことかもしれませんね。

最低限気を付けて後はそんなに気にしないようにする、という気持ちでいいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク
  よく読まれている記事(一部広告)

-悩み

Copyright© あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト , 2018 All Rights Reserved.