あなたの悩みすぐ対策・解決できるサイト【メジャーBUZZ】

いつも色々な悩みを抱えている皆さまへ、その悩みを解消できる対策法を紹介する情報サイトが「メジャーBUZZ」です。 肩肘張らずに、有益な情報、思わず口コミしたくなる情報をお伝えします。特に専門性を持たずにありとあらゆる情報をご紹介します。

大阪・海遊館の最新トレンドをチェック!!

      2016/07/09

大阪・海遊館の最新トレンドをチェック!!
海遊館は、世界最大級の水族館です。

大阪の観光名所ランキングで必ず上位に入ってくる定番スポット。

今までいろんな水族館にいきましたが、海遊館は規模が大きいです。

中央の超巨大水槽「太平洋」は深さ9m、水量5,400tの大水槽となっており、上から下へ順繰りに見ていく観賞方法になっています。

色々な水槽で行われる「生きものたちのお食事タイム&スポットガイド」は必見です。

展示数が多いので、4~5時間ぐらいあったほうがいいと思います。

立ち止まってお魚の説明文を読んだりしていると結構時間がかかります。

バックヤードツアーにも参加されたら面白いと思います。一日中楽しめる水族館です。

スポンサーリンク

これが大阪・海遊館だ!

アクセス方法

海遊館は天保山にあります。

電車だと大阪市営地下鉄中央線「大阪港」駅下車徒歩5分

バスだと大阪市バス「天保山ハーバービレッジ」下車すぐ

クルマだと阪神高速湾岸線・大阪港線「天保山」ICより約5分です。

大阪駅からだと電車は乗り換えが必要なので、バスか車が便利です。

入館料

大人2,300円、小中学生1,200円、4歳以上の幼児600円、60歳以上2,000円です。

何度も行く方は、年間パスポートがお得です。

年間パスポートは提示するとショップや近隣施設などでお得な割引サービスを受けられます。

WEBで海遊館のチケットを購入!

海遊館の見どころ

1番の見どころは巨大水槽で優雅に泳ぐジンベエザメです。
海遊館のジンベイザメ

ジンベエザメが泳ぐ様子を眺めていると、時間の流れがゆっくりに感じられるます。

大きな口をあけて豪快に大量のエサを食べるお食事タイムは外せません。

その他の動物のエサやり時間はこちら

17時以降の海遊館もおすすめです。

照明が暗くなり、昼とは違った生きものたちの様子を楽しむことができます。

また、冬の期間はイルミネーションイベントが開催され、海遊館の周囲が色とりどりのシロナガスクジラやジンベエザメなどを模したイルミネーションでライトアップされます。

1時間に2度音楽に合わせて7色に輝くので、こちらも見逃せません。

その他にも海遊館ガイドツアーがあり、プレミアムツアー、バックヤードツアー、ガイドツアーAコース、ガイドツアーBコースがあります。

おすすめは、バックヤードツアーで調餌室や冷凍庫などのバックヤード見学と「太平洋」水槽バックヤードのエサやりを見ることができます。

日によって行うツアーが決まっているので、詳細はこちらでチェックしてください。

そして、こんなガイドツアーが登場します。

海遊館ナイトツアー体験宿泊プラン発売

ホテルグランヴィア大阪は、海遊館の裏側を見学できる「バックヤードツアー」と、夜の生き物の様子を見学できる「館内ツアー」を体験できる宿泊プランを発売しました。

館内ツアーでは、昼間活動するラッコやオウサマペンギンなどの寝姿が見られ、夜行性の生き物が活発に行動する様子も見ることができます。

宿泊日は4月5日です。

海遊館ナイトツアー体験宿泊プランの詳細

何度行っても飽きない水族館

海遊館は何度行っても飽きません。今の時期だとこんなイベントをやっています。

イルカショーなどはありませんが、巨大水槽にいるジンベエザメのほか、イルカやラッコ、カワウソやナマケモノなど数多くの生きものに出会えるので十分に楽しめます。

また、定期的にイベントを開催しているので、行く度に違う発見があります。

大阪に来た際はおさえておきたい観光スポットです。

この海遊館がプロデュースした新しい水族館が『ニフレル』です。

海遊館とは、異なるコンセプトで作られています。

水族館なのか、動物園なのか。

今までにない施設になっています。

スポンサーリンク

 - 遊び・イベント